アーシア・アルジェントがカンヌでスピーチ「ここでワインスタインに強かんされた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月21日 > アーシア・アルジェントがカンヌでスピーチ「ここでワインスタインに強かんされた」
メニュー

アーシア・アルジェントがカンヌでスピーチ「ここでワインスタインに強かんされた」

2018年5月21日 14:00

女優賞のサマル・イェスリャモワ(中)とアーシア・アルジェント(左)「ムード・インディゴ うたかたの日々」

女優賞のサマル・イェスリャモワ(中)とアーシア・アルジェント(左)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 欧米の映画界では#Metooムーブメントが盛り上がっているが、今年のカンヌ映画祭も女性の権利を主張する動きが目立った。

もっとも印象的だったのは、授賞式で女優賞のプレゼンテーターとして登場したアーシア・アルジェントだ。壇上に立つと、「ひとこと言わせてください」と切り出し、「わたしは1997年、21歳のときにここカンヌでハーベイ・ワインスタインに強かんされました。ニ度と彼がカンヌに足を踏み入れないことを望みます。この会場にいるみなさんのなかには、女性に対して尊敬に値しない行為をした人もいるでしょう。わたしたちはみんなで団結して、もはやそれを許容しないことが大切です」とスピーチをして、拍手を浴びた。ちなみに女優賞のサマル・イェスリャモワが演じた「Ayka」という作品は、強かんによって望まない子どもを産む羽目になるヒロインを描いたものである。

フランス映画界のカラードの女性たちが集まって権利を訴えた「My profession is not “Black”(わたしの職業は“黒人”ではない)」というイベントもカンヌで開催された。こちらは5月にフランスで出版された同名の本を記念したもの。音頭をとったのは、いま売り出し中の女優アイッサ・マイガ(『ムード・インディゴ うたかたの日々』)だ。#Metooムーブメントに影響を受けた彼女が、仕事の場での被差別的な体験を打ち明けたいという思いを業界内の友人たちに話したところ、あっという間に賛同者があつまり出版にこぎつけたという。記者会見にはマイガをはじめとする16人の女優たちが集まり、それぞれの思いを語った。

さらに映画祭中盤には、ケイト・ブランシェットをはじめとする今年の女性審査員たちや、アニエス・バルダジェーン・フォンダマリオン・コティヤールなど総勢100人以上の映画業界の女性たちがレッドカーペットに集まり、女性のパワーをアピールする一場面も見られた。

審査員によれば、今年の映画祭の受賞自体に性別が影響を及ぼすことはなかったというが、審査員賞にはレバノンの女性監督ナディーン・ラバキー、脚本賞のひとりはイタリアの女性監督アリーチェ・ロルバケルが輝くなど、結果的に女性の活躍もクローズアップされた年となった。(佐藤久理子)

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi