柳楽優弥がスクリーンに描き上げた“葛飾北斎” 阿部寛「面白い俳優だと思っていた」

2020年2月21日 12:00

初共演を果たした柳楽優弥と阿部寛
初共演を果たした柳楽優弥と阿部寛

[映画.com ニュース] 日本を代表するアーティスト・葛飾北斎の知られざる人生を描く映画「HOKUSAI」の撮影現場が2019年6月、京都の松竹撮影所で報道陣に公開され、主演を務めた柳楽優弥、共演の阿部寛が取材に応じた。

平均寿命が40歳と言われた時代に90歳という長寿の人生を歩み、72歳で代表作となる「冨嶽三十六景」を描いた北斎は、生涯を通して3万点以上の作品を世に残したといわれている。構想約3年の本作は、稀代の版元・蔦屋重三郎、人気戯作者・柳亭種彦とのエピソードを軸に、「人間・北斎」と、彼が描いた「3つの波の秘密」が生まれるに至った物語を描き出す。

田中泯とともに北斎を演じる柳楽は「(北斎は)晩年になってから成功したというイメージがありました。(老年期を演じた)田中泯さんの姿は、すぐにイメージできると思いますが、青年期に関する情報が全くと言っていいほどないんですよ。だからこそ、最初は(芝居について)迷いました」と打ち明ける。

青年期の葛飾北斎
青年期の葛飾北斎
老年期の葛飾北斎
老年期の葛飾北斎

橋本一監督と話し合いながら、スクリーンに描き上げた“青年期の北斎像”は、不自由な生き方を強いられる世の中であっても「俺は俺の好きに描く」と、その後の“画狂人生”を意識した仕上がりだ。北斎と言えば、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、ドビュッシーら歴史に名を残す芸術家たちに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった人物。ニューヨークへの短期留学を経験し、海外進出に意欲的な柳楽にとって「世界的に有名な人物を演じられるのは光栄です。“海を越えた場所”でも面白がってもらえるようにしたい」と念願の役どころだった。

阿部が演じたのは、若き日の北斎の才能を見出すことになる蔦屋重三郎。「侍を演じることはあるんですが“町人風”の人物を演じることはあまりなかったんです。非常に新鮮で、どうやって演じてやろうかなと思っていました」と語り、「(侍らしく)いかつく歩くというのはできますが、(町人らしい)着物を着こなしてはんなり歩くというのは得意じゃなかったから。日本舞踊の先生の所に行き、(人物像を)歩きや仕草を相談させてもらいました。版元は、現代でいえばプロデューサー。様々な場所で才能を見出し、商売をする。その一方で『自分は絶対に損をしないという計算高さ』『顔を広めて、したたかに生きていく』という一面もあります。色々な“顔”を持っている――そういう風に見せなければならないと考えたんです」と説明していた。

若き日の北斎の才能を見出す蔦屋重三郎
若き日の北斎の才能を見出す蔦屋重三郎

柳楽と阿部は、本作が初共演の場となった。そんな2人を繋いでいたのは、是枝裕和組への参加という実績だ。「誰も知らない」で映画業界に華々しくデビューした柳楽、「歩いても 歩いても」「奇跡」「海よりもまだ深く」、ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」に参加した阿部。今回のタッグは、2人にとって感慨深いものになっていたようだ。

柳楽「正直に言えば、すごく嬉しいです! 是枝監督の作品で繋がっている部分もあるので、色々なことを相談できます。僕が“身長を抜きにして”目指している方なんです(笑)」

阿部「(是枝組への参加は)柳楽君の方が早いですが、シンパシーを感じますよ。(14歳で)カンヌで賞を受賞して、その後も苦労したのだろうなと思います。こうやって一緒に芝居ができるということは、これまでに様々なことがあって実現したこと。感心しています」

柳楽「『海よりもまだ深く』が好きなんです。それにアル・パチーノも大好きなんですが……『海よりもまだ深く』に出演されている時の阿部さん、アル・パチーノの“表情”と似ていませんか? (阿部に)これを伝えてしまったんですが、そういう点を含めて、本当に憧れます。冗談抜きですよ」

阿部「やめてくれ(笑)」

阿部は柳楽の才能を称賛「目がいいんですよ」
阿部は柳楽の才能を称賛「目がいいんですよ」

熱く想いを語る柳楽に、阿部は苦笑し、少し戸惑った様子。しかし、自身の役どころと同様に、柳楽の才能に対して、しっかりと分析を行っている。「面白い俳優だなと思っていました。掴みどころがなく、どこまでも伸びていく可能性を秘めている。別の機会に、1度お会いしたことがあるんです。出演している作品の印象とは異なり、良い意味で面白い。本当に“役者”なのだなと――演技をすると、ガラっと変わる。そういうことができる方なんです」と厚い信頼を寄せていた。

阿部「(柳楽は)目がいいんですよ。雰囲気の出し方も含め、これまで見たことがない俳優です。監督の要望にも柔軟に対処できますし、なんでも吸収していく。ある程度完成してしまう人っているじゃないですか? 彼はスポンジのようになんでも吸い込んでいくんですよ。本当にお芝居が好きなんだなというものが伝わってきます」

美人画の大家・喜多川歌麿(玉木宏)
美人画の大家・喜多川歌麿(玉木宏)

青年期の北斎は、美人画の大家・喜多川歌麿(玉木宏)、新星・東洲斎写楽(浦上晟周)といった圧倒的な才能に触れながら、自らの“道”を見つけていく。特筆すべきは、同時期の北斎が、融通がきかず、頑固一徹な人物として描かれている点だ。柳楽はこの人物像にシンパシーを抱いていた。「自分自身、いつでも俳優を辞められたのに、今でも続けている。そこには『諦めたくない』という頑固さがありましたし、これからも抱き続けるものだと思う。壁にぶち当たってもひとつひとつ壊していくという力を持つ北斎は。究極の努力家です。不器用だなと感じることもありますが、これは生きていくうえで大事な部分だと思っています」と述べ、自らが生きる“場所”にも思いを馳せた。

柳楽「俳優の業界も、他の人がステージにあがっていたら、悔しいんです。(北斎を取り巻く環境と)似たような場所ですから、理解できます。29歳になり、50代くらいの先輩の方々に対しては“学ぶ”という意識を持っていますが、30代の方々には“負けない”ようにしたいと考えるようになりました。それに後輩も増えてきたことで、自分の立ち位置が、20歳の頃とは変わり、責任も芽生えてきた。上と下が見える――そういう意味でも、北斎と写楽、歌麿の関係性がわかるんです」

HOKUSAI」は、5月29日に全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
HOKUSAI
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 蜷川実花監督「ホリック xxxHOLiC」に松村北斗と玉城ティナが出演

    1

    蜷川実花監督「ホリック xxxHOLiC」に松村北斗と玉城ティナが出演

    2021年12月2日 12:00
  2. 「少年忍者」×「Lil かんさい」映画で初タッグ! ボーイスカウトを題材にした完全オリジナル作品、22年4月公開

    2

    「少年忍者」×「Lil かんさい」映画で初タッグ! ボーイスカウトを題材にした完全オリジナル作品、22年4月公開

    2021年12月2日 07:00
  3. 上映10周年!最後の見世物小屋を映したドキュメンタリー「ニッポンの、みせものやさん」12月18日からアンコール上映

    3

    上映10周年!最後の見世物小屋を映したドキュメンタリー「ニッポンの、みせものやさん」12月18日からアンコール上映

    2021年12月2日 16:00
  4. 「魔女の宅急便」劇場上映決定! 調布の映画祭で「鬼滅の刃」「天外者」「るろ剣」「浅田家!」なども披露

    4

    「魔女の宅急便」劇場上映決定! 調布の映画祭で「鬼滅の刃」「天外者」「るろ剣」「浅田家!」なども披露

    2021年12月2日 12:00
  5. 川村元気が映画監督に挑む理由 自著「百花」映画化で決断

    5

    川村元気が映画監督に挑む理由 自著「百花」映画化で決断

    2021年12月2日 05:00

今週