「mellow」でモテ男を演じた田中圭、年下共演者の熱視線にノックアウト!?

2019年12月10日 21:59

生花があしらわれたバックボードを前に トークにも花を咲かせた登壇陣
生花があしらわれたバックボードを前に トークにも花を咲かせた登壇陣

[映画.com ニュース] 田中圭が主演し今泉力哉監督がメガホンをとった恋愛群像劇「mellow」の完成披露舞台挨拶が12月10日、東京・新宿バルト9で行われ、田中をはじめ共演した岡崎紗絵志田彩良松木エレナ、今泉監督が登壇した。

愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」の今泉監督が、滑稽さやかっこ悪さも含め、ありのままの恋愛の姿を描き出すオリジナルストーリー。街で1番お洒落な花屋「mellow」と廃業寸前のラーメン屋を舞台に巻き起こる、“不器用な片思いたちの物語”を紡ぐ。

田中は完成した作品への思いを問われ、「メロウな気持ちですよ」となぜかドヤ顔。今泉監督から「『今日何回メロウって言うんだよ!』って思われちゃいますよ」とツッコまれたものの、「『mellow』の完成披露を、メロウな皆さんとメロウな記者さんたちと迎えられて……、メロウな気分ですよ」と胸を張った。ヒロイン役の岡崎は、「初日から田中さんはフランクで本当に優しい方で、現場に入っても緊張せずリラックスしていられたのは田中さんのおかげ」と笑顔を見せ、田中は「よせやい(笑)」と返すなど、和気あいあいとした様子を見せた。

パンとバスと2度目のハツコイ」に続き今泉監督とタッグを組んだ志田は、「『パンバス』でも『mellow』でも、スタッフの皆さんがあたたかくて優しい方しかいないので、今泉さんの現場がとっても好きです。今泉さんはどの役に対しても平等に愛情を注いで丁寧に向き合ってくださるので、安心して楽しめました」と述懐し、田中は「めっちゃ良いこと言うじゃん。ちょっと反省しました」としょんぼり。本作で映画初出演を果たした松木の「皆さんの笑顔を見たら『うまくできるかも、頑張ろう』って思える、メロウな雰囲気が流れた素敵な現場でした」というコメントに、田中は「メロウの使い方、天才か! また反省しました、この短時間で」と再び肩を落とし、会場は笑いに包まれた。

オリジナル作品の製作に当たり、自由度が高かったために最初は全く脚本を書けなかったという今泉監督。「書くのにめちゃくちゃ苦労して。締め切りを2、3回飛ばしたので、人生で初めてプロデューサーから『ホテルとりますか?』って言われて。このご時世にホテルに缶詰めさせられた(笑)」と語る。「僕ら全員が経験したことがある、見過ごしてしまうような小さな気持ちを寄せ集めている脚本でした」という田中に、今泉監督は「(田中演じる)夏目誠一は、僕が勝手にいい人みたいに理想化していたけど、田中さんが人間らしく広げてくれた」と賛辞をおくった。

花屋の店主で周囲の女性から好意を寄せられるモテ男・夏目を演じた田中。「彩良ちゃんとエレナちゃんから、『好き』っていう思いが宿ったキラキラした目で見つめられて……、お芝居中はどうにか踏ん張るんですけど、カットがかかったらすぐに(恥ずかしくて)目を逸らしてた。『そんなキラキラした目でおっちゃんを見ないで』みたいな(笑)」と撮影エピソードを告白し、「2人の姿を見ると『こんな頃があったな』と皆さんも思うはずです」とアピールした。

mellow」は、2020年1月17日から東京の新宿バルト9、イオンシネマ シアタス調布ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース