エミリア・クラークの歌声も!「ワム!」の名曲が彩る「ラスト・クリスマス」日本版予告

2019年11月8日 08:00

クリスマスに奇跡が起きる
クリスマスに奇跡が起きる

[映画.com ニュース] 英ポップデュオ「ワム!」の人気曲を題材にした「ラスト・クリスマス」の日本版予告編が公開された。「ワム!」の楽曲にのせて、クリスマスムード漂うシーンが満載になっている。

ロンドンのクリスマスショップで働くケイトは、ある日トムという青年と出会う。歌手を目指していたがいつしか夢を諦め、自暴自棄になっていたケイトは、気さくで明るいトムに癒され、急速に惹かれていく。

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークがケイト、「クレイジー・リッチ!」のヘンリー・ゴールディングがトムを演じ、「いつか晴れた日に」「ラブ・アクチュアリー」などのエマ・トンプソンがケイトの母親を演じているほか、脚本も担当。女性キャスト版「ゴーストバスターズ」や「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のポール・フェイグ監督がメガホンをとった。

予告は、冒頭から「ワム!」の「ラスト・クリスマス」が使用され、ケイトとトムの出会い、距離を近づけていく2人の様子が収められている。そのほか、ケイトの歌声や、ケイトがトムへの謎を深めていく場面も映し出され、本編での展開が気になる仕上がりになっている。

ラスト・クリスマス」は12月6日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース