マイケル・B・ジョーダン×ジェイミー・フォックス! 黒人差別と闘う奇跡の逆転劇、20年2月公開

2019年11月6日 12:00

ブリー・ラーソンが共演した、「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットン監督作
ブリー・ラーソンが共演した、「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットン監督作

[映画.com ニュース]マイケル・B・ジョーダンジェイミー・フォックスブリー・ラーソンが共演した映画「ジャスト・マーシー(原題)」が、「黒い司法 0%からの奇跡」の邦題で、2020年2月28日に公開されることがわかった。「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットン監督がメガホンをとり、身に覚えのない罪で死刑宣告された黒人の被告人と、疑いを晴らすべく闘う弁護士が織りなす物語を紡ぐ。

冤罪の死刑囚たちのために立ち上がった弁護士ブライアン・スティーブンソンをめぐる奇跡の実話を映画化。黒人への差別が根強い1980年代のアラバマ州、黒人の被告人ウォルターは犯してもいない罪で死刑を宣告されてしまう。新人弁護士ブライアンは無罪を勝ち取るべく奮闘するが、仕組まれた証言、白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の差別と不正が立ちはだかる。

ブラックパンサー」「クリード 炎の宿敵」のジョーダンが不条理な司法システムによって絶望の淵に立つ人々に寄り添うブライアン、「Ray レイ」のオスカー俳優フォックスが死刑囚ウォルターを演じる。「ショート・ターム」「ガラスの城の約束」でもクレットン監督とタッグを組んだラーソンが、ブライアンとともに法律事務所で働くエバ役で共演した。

あわせてお披露目された予告編では、救いの手を差し伸べようとするブライアンに、「お前は何もわかってない。黒人は生まれながら有罪なんだ」と衝撃の言葉を放つウォルターを活写。しかし、周囲の反対や圧力にも屈せず、「すべての命は平等です。無駄死にさせない」と強い意志を胸に秘めるブライアンの姿を見て、ウォルターは少しずつ心を開いていく。力強い言葉の数々とともに、アメリカ司法の闇を暴き、世界を変えようと立ち上がった人々の姿が切り取られ、心揺さぶるストーリーを予感させる。

「黒い司法 0%からの奇跡」は、20年2月28日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース