チョウ・ユンファが“2丁拳銃”を乱射!「プロジェクト・グーテンベルク」日本版予告完成

2019年10月25日 12:00

アーロン・クォックとのダブル主演作
アーロン・クォックとのダブル主演作

[映画.com ニュース]チョウ・ユンファアーロン・クォックがダブル主演を飾った話題作「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」のポスタービジュアルと日本版予告編が、このほどお披露目された。

タイで逮捕された偽造画家・レイ(アーロン・クォック)が香港に護送され、高名な美術家ユン・マンによって保釈されたところから、物語は始まる――。舞台は、1990年代のカナダへと転じる。貧しい画家だったレイは恋人と将来に希望を託すが、なかなか認められず、一向に暮らしは楽にならないまま。こっそりと絵画の偽造に着手すると、“画家”(チョウ・ユンファ)と名乗る男に腕を認められ、彼が運営する偽札組織で働くことになる。やがて、米ドル紙幣の偽札発見テクノロジーの進化をあざ笑うように、レイの偽札造りは世界を席巻していく。

本作は「インファナル・アフェア」シリーズの脚本家としても知られるフェリックス・チョンがメガホンをとり、「男たちの挽歌」「グリーン・デスティニー」のチョウ・ユンファ、「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」「風雲 ストームライダース」のアーロン・クォックという二大スターが演技合戦を繰り広げる。主要7部門を制覇した香港電影金像奨をはじめ、各映画賞の話題を独占し、韓国リメイクが決定している。

ポスターでは、ライフルを持って立つチョウ・ユンファ、“贋札作りのプロ”を演じたアーロン・クォックが対峙。贋作作りを想起させるようにドル札が舞い、「世界を欺く」「解き明かせるか、ラスト15分、衝撃の真実――」というコピーが添えられている。

日本版予告編は、正体不明の“画家”が、偽札組織での仕事をレイに依頼する場面からスタート。「完璧な偽札は、世界で最も愛される複製画だ」と言い切る“画家”の導きで、レイが偽札作りに没頭していく様子を映し出す。本作では、チョウ・ユンファが香港(中国)映画界復帰後、初といえる現代劇での本格的なガン・アクションを披露。「男たちの挽歌」を想起させるような“2丁拳銃姿”も映し出されており、ファンにはたまらないキラーカットとなっている。

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」には、「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」に出演したチャン・チンチューも参加。2020年2月7日から東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)2018 Bona Entertainment Company Limited

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    1

    「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    2019年12月15日 18:23
  2. 「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2

    「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2019年12月15日 10:00
  3. 野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    3

    野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    2019年12月15日 08:00
  4. 【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    4

    【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    2019年12月15日 12:00
  5. 【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    5

    【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    2019年12月15日 11:00

今週