ジョン・ウー監督「狼 男たちの挽歌・最終章」を自らハリウッドリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月7日 > ジョン・ウー監督「狼 男たちの挽歌・最終章」を自らハリウッドリメイク
メニュー

ジョン・ウー監督「狼 男たちの挽歌・最終章」を自らハリウッドリメイク

2018年5月7日 11:00

自らの手でハリウッドリメイク「狼 男たちの挽歌・最終章」

自らの手でハリウッドリメイク
(C)Formula Entertainment
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョン・ウー監督が、1989年の香港映画「狼 男たちの挽歌・最終章」のハリウッドリメイクを自ら行うことになった。米Deadlineが報じている。

同作は、引退を決意した殺し屋(チョウ・ユンファ)が、最後の仕事で誤って女性歌手を失明させてしまったことから、手術費を稼ぐために再び殺しの依頼を受けることになるストーリー。同作は、欧米では「The Killer」というタイトルで公開され、ジョン・ウー監督の名が世界に知られるきっかけとなった。その後、ウー監督はハリウッド進出第1弾「ハード・ターゲット」を経て、「フェイス/オフ」や「M:I-2」といった一連の大ヒット映画を手がけている。

ユニバーサル・ピクチャーズは現在、ハリウッドリメイク版「The Killer(原題)」の準備を進めており、オリジナルではチョウ・ユンファが演じていた殺し屋役をルピタ・ニョンゴ(「それでも夜は明ける」「ブラックパンサー」)にオファーしているという。ジョン・ウー監督が自らメガホンをとり、ジョシュ・キャンベルとマット・ストゥーケン、「アウトバーン」のエラン・クリービーらが執筆した脚本を、現在ブライアン・ヘルゲランド(「ミスティック・リバー」、「レジェンド 狂気の美学」)がリライトしているという。今年下半期にフランスとドイツで撮影を行う予定。

(映画.com速報)
狼/男たちの挽歌・最終章[Blu-ray/ブルーレイ] 狼/男たちの挽歌・最終章[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,065 雇われ殺し屋の命を賭けた孤独な戦いを迫力の映像で描いた、ツイ・ハーク、ジョン・ウーのコンビが贈るハードアクション大作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi