オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁

劇場公開日

オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁
11%
27%
41%
14%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本を代表する名優・役所広司と、「M:I-2」「レッドクリフ」シリーズで知られるプロデューサーのテレンス・チャンがタッグを組んだ日中合作のスペタクル映画。ヒマラヤ周辺国家が地域の平和のために地域会議を開催することとなったが、会議開催前に機密文書を積んだ飛行機がエベレスト南部に墜落してしまう。その文書はヒマラヤ地区の平和的局面を脅かす可能性のあるものだった。インド軍側は特別捜査官を自称する2人の男を緊急に派遣し、ヒマラヤ救助隊「Wings」に機密文書を取り戻す手伝いを依頼する。隊長のジアンは隊が深刻的な財政難であるという現実を前にガイドの依頼を引き受けることにする。標高8848m、氷点下50度という苛烈な雪山の頂・デスゾーンに挑むミッションの背後で、世界規模の陰謀が動き始めていた。役所が隊長のジアン役を演じるほか、「唐山大地震」のチャン・チンチュー、ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」のリン・ボーホンらが顔をそろえる。

2019年製作/110分/PG12/日本・中国合作
原題:氷峰暴 Wings Over Everest
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5役所広司のチャレンジ精神に感銘

AuVisさん
2019年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

監督のユー・フェイは、中国でゲームプロデューサーとして活躍し、冒険好きで北極南極、エベレストも制覇しているという変わったキャリアの持ち主。2016年に映画会社を設立し、初メガホンが本作だ。大物プロデューサーのテレンス・チャンが加わったことも大きいだろうが、映画の才能は未知数の新人のよる初監督作、しかもアクション満載の準主役を受けた役所広司のチャレンジ精神に敬意を表したい。

潤沢な中華マネーを後ろ盾に、ワイヤーアクションやCG視覚効果を含むド派手な活劇は、ファンタジックな要素もからめ外連味あるがリアルさを軽視し、BGMが過多でメロドラマのようでもある。過剰な演出が散見されるのは、中国市場を第一に意識したせいで仕方ないか。実質的な主演のチャン・チンチューは魅力的で、日本でもファンが増えそうだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

5.0ハラハラとしたスリル感があります。 後半のラスト辺りになりますが、...

2019年12月12日
スマートフォンから投稿

ハラハラとしたスリル感があります。

後半のラスト辺りになりますが、ジアン隊長が女性隊員のシャオタイズを救うために、自らの命を捨て、シャオタイズから手を離した辺りから、締めくくりまで、涙がポロポロしてしまいます。
シャオタイズが氷越しに、亡くした恋人に辿りつけるところなども含め、全体的に非常に素敵なラストシーンになっています。

シンプルなストーリーだけれど、非常に良い。

とにかくこの作品は、あのエベレストの過酷な雪山でロケを行っているというだけでも非常に凄い。
その上で、かなりの見所があります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナガグツ

2.0CGが雑で現実味が無いのが残念。

クララさん
2019年12月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

日中合作のスペタクルアクション映画。
ヒマラヤの標高8848m、氷点下50度という苛烈な雪山の頂が舞台。
冒頭から、主役2人が、どうみてもこれは助からないだろうというシーンから始まる。
そんな訳無いだろうと思っていたら、やはり無事生還。
その後も何度もこれは絶対無理でしょうというシーンがあるが、ゾンビのように生還し、さほどダメージもなく話が進む。だんだん、また大丈夫なんだろうな~と慣れてきたところで、ヘリコプターの墜落、で、ヘリコプターは木っ端微塵になった。さすがに操縦士はダメだろう・・・と思ったら、これまた意識もありさほどダメージもなく助かった(演技は横たわって重傷風)。
ストーリー的には良かったけど、雑な CGのせいか?エベレストデスゾーン極寒ミッションだが、あまりハラハラドキドキしない。
終わりも、何であなたが助かってるの?とモヤモヤが残り何かスッキリしなくてがっかりな作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クララ

3.0白鳥座ファンタジー

kossyさん
2019年11月28日
Androidアプリから投稿

普通にも楽しめる作品でしたが、ここは敢えて妄想ファンタジーとしてうっとりしてしまいました。

高山の夜空は幻想的なくらい星が満天に広がります。シャオタイズが行方不明となった恋人を追いかけるのもプラネタリウム的ロマンスに惹かれたからにちがいない。ミルキーウェイだって日本から見られる形と違うし、白鳥座だってまるで白鳥がいるかのように綺麗に描かれているのです。そんな白鳥座の言い伝えが明かされた時も納得でした。

まぁ犯人は武器商人なので人殺しも厭わない。ウィング救出隊もどんどん死んでいきますが、シャオタイズには不思議な守護神が付いているかのように不死身ぶりを発揮する。

アクションとしては冒頭の救出シーンと中盤の数シーンのみ。ミッションインポッシブルやクリフハンガーのパクりだろう?とは敢えて語りません。それよりも中国映画らしくワイヤーアクションが笑えました!

色んなアイテムも多過ぎて、GPSやら衛星電話やら不思議なアイテムやら…ハイテクでありながら最終的にはアナログなモールス信号が活躍する。

もっともファンタジー色を感じられたのは氷漬けになった人たちでしょう。デッドゾーンの名にふさわしくないくらい美しさを感じられました。もしかすると、あの中からキャプテンアメリカが復活するのかもしれません。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」以外にこんな作品をCheck-inしています。