3年間で振った男の数は600人!? “隠れビッチ”佐久間由衣があざとい予告&ポスター完成!

2019年9月27日 09:00

「この世の男を、もてあそびっち。」
「この世の男を、もてあそびっち。」

[映画.com ニュース]女優の佐久間由衣が映画初主演を飾る「“隠れビッチ”やってました。」の予告編、ポスタービジュアル、場面写真6点がお披露目された。清楚に見えて実は次々と男性を手玉にとる“隠れビッチ”を描く本作。ポスターには、「3年間で振った男の数600人!」という衝撃の事実と、「この世の男を、もてあそびっち。」というコピーがポップにあしらわれている。

植物図鑑 運命の恋、ひろいました」「旅猫リポート」の三木康一郎監督がメガホンをとり、イラストレーターや漫画家として活躍するあらいぴろよ氏の、実体験をもとにした同名コミックエッセイを映画化。隠れビッチとは、モテることを趣味&特技とし、絶妙なタイミングでのスキンシップや視線テク、会話術を駆使して相手を翻弄する女性のこと。狙った男に告白させたら即フェイドアウト、恋愛のおいしいところだけを楽しみ、体の関係は一切お断り。そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白おかしく描きながら、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う本作で、佐久間が主人公・ひろみ役を務めるほか、村上虹郎大後寿々花小関裕太森山未來らが共演する。

物語の主人公は、26歳で独身のひろみ(佐久間)。見た目は清楚ながらも、その生態は異性を弄ぶ隠れビッチだった。バイセクシャルのコジ(村上)やダメな恋愛を繰り返す彩(大後)らシェアハウス仲間に「最低の隠れビッチね!」とたしなめられるも、一向に耳を貸さない。ある日、気になる男性・安藤(小関)にターゲットを定めるが、結果はまさかの失敗! さらに安藤を本気で好きになっていたことに気付き、ひろみはショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれている姿を同僚・三沢(森山)に目撃されてしまったことを機に、ひろみは自分が隠れビッチだと告白し、過去と向き合い始める。

予告編には、「必殺ボディータッチ」「褒め殺し」「ブリッ子」など、“最狂ヒロイン”ひろみが繰り出す数々のモテテクニックがちりばめられている。チヤホヤされることが生きがいのひろみは、様々なタイプの男性を相手に、「告らせ振って傷つける」という恋愛を繰り返していた。しかし、傷付くだけだと避けてきた本気の恋と出会ったことで、自分の弱さや自信のなさに気付き、心が揺れ動いていく。さらに号泣するひろみや、三沢とのキスなど、波乱の展開を垣間見ることができる。

ポスターには、ひろみの“あざと可愛い”仕草を活写。しかし、本音が現れているかのように、その頬には「女の顔には裏がある。」という言葉が。また、そんな隠れビッチに振り回される小関、森山、前野朋哉片桐仁前川泰之柳俊太郎戸塚純貴ら男性キャストの姿が切り取られている。

“隠れビッチ”やってました。」は、12月6日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース