草なぎ剛「台風家族」公開でファンの後押しに感謝「これほどグッとくるのは初めて」

2019年9月6日 22:52

公開に感無量!
公開に感無量!

[映画.com ニュース] 草なぎ剛が9月6日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた主演作「台風家族」の初日舞台挨拶に出席した。出演者の新井浩文氏が起こした事件の影響で、一時は公開延期となった本作。待ち望んだ初日を迎えて、「公開にたどり着けたのは、皆さんの応援の声が、大きく届いたおかげ。初日おめでとうという言葉が、これほどグッとくるのは初めてです」と感謝を示した。

ワケあり家族たちの姿を、ブラックユーモアを交えて描いたコメディドラマ。銀行で2000万円を強奪したまま、行方不明となっていた両親を持つ4人のきょうだいが、財産分与のために集った夏の1日を描く。全国96スクリーンで封切られ、26日まで3週間限定で上映される。

舞台挨拶には草なぎをはじめ、共演するMEGUMI、中村倫也尾野真千子甲田まひる若葉竜也長内映里香榊原るみ藤竜也、オリジナル脚本も手がけた市井昌秀監督(「箱入り息子の恋」)が出席した。

マイクを握った市井監督は「言いたいことがたくさんあるんですけど」と前置きし、「まずは公開を迎えられたこと、ありがたく思っています」と感無量の面持ち。「映画はひとりで作っているわけじゃなく、スタッフ、キャストの力で完成するもの。でも、今回は、応援してくださる力があって、公開できた。今日ここにいらっしゃる皆さんが、映画作りに参加してくれている」とあふれる思いを口にした。

そんな市井監督の姿に、草なぎは「いちばん思い入れが強い方。現場では文字通り台風の目になってくれて、僕らを引っ張ってくれた」と労をねぎらい、「監督のうれしそうな顔を見ると、僕らもうれしい。本当に手作り感覚で、どこにもない、唯一無二の作品になった」と改めて、作品の完成と封切りに胸を張っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース