横浜流星、10代の頃は「いきがっていた」 飯豊まりえは「記事にしないで」とお願い

2019年9月6日 21:53

横浜流星と飯豊まりえ
横浜流星と飯豊まりえ

[映画.com ニュース] 作家・河野裕氏によるシリーズ累計90万部の人気小説を実写映画化した「いなくなれ、群青」の初日舞台挨拶が9月6日、東京・新宿バルト9で行われ、横浜流星飯豊まりえ矢作穂香松岡広大松本妃代中村里帆柳明菜監督が登壇した。

“捨てられた人間”がたどり着くという謎の島「階段島」で出会った悲観主義の七草(横浜)と、島にいることが納得できない幼なじみの真辺由宇(飯豊)。2人の奇妙だが平穏な日常が、ある事件をきっかけに崩れ始める。全国75スクリーンで封切り。柳監督は「設定がファンタジーな分、リアリティを大切に心から感じて芝居をしてもらおうと思った」と原作がもつ繊細な世界観へのこだわりを告白した。

この言葉を受け、横浜は「セリフも含めて、とても難しい世界観。実写化はすごく高い壁だと思った」とうなずき、「ここにいるみんなで一緒にリハーサルを重ね、入念な準備ができた」。それだけに「本当に幸せです。ひとりでも多くの皆さんに見てほしい」と強い手応えを示した。

飯豊も「あのリハーサルがなかったら、こういう風には撮れなかった。それくらい複雑で、簡単じゃない役柄だった」と明かし、「でも、すてきな作品にしたいという思いが強かったので、(リハーサルを)妥協しないで、粘ってやらせてもらった。自信をもってお届けできる作品になりました」と誇らしげだった。

作品のテーマにちなみ、自身が“なくしたもの”を問われると、横浜は「中学、高校といきがっていた自分ですね。ヤンチャで、カッコつけていたんです」と返答。ファンの歓声を浴びながら、「今振り返ると、輝いていたなって(笑)。あの頃があるから、今の自分がいる。この映画を見れば、どんな自分でも受け入れようと前向きに思えるはず」とアピールした。

同じ質問に対し、飯豊は「童心をなくしました」と答え、「小学生の頃、好きな人の名前を書いた消しゴムを使い切ると、両思いになれるおまじないが流行して。でも、大人になった今は、もう……」と苦笑い。とたんに恥ずかしくなったのか「これ、記事にしないでー」と記者に“お願い”する場面もあった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com