宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみの“感情”があふれる 小栗旬「人間失格」新カット披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月27日 > 宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみの“感情”があふれる 小栗旬「人間失格」新カット披露
メニュー

宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみの“感情”があふれる 小栗旬「人間失格」新カット披露

2019年6月27日 18:00

正妻・美知子役の宮沢りえ「人間失格 太宰治と3人の女たち」

正妻・美知子役の宮沢りえ
(C)2019 『人間失格』製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の小栗旬が主演し、蜷川実花監督がメガホンをとる映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の新たな場面写真が初披露された。蜷川監督自ら撮り下ろしたカットでは、小栗演じる太宰、彼を愛した“3人の女”の関係性が見事に切りとられている。

本作は「斜陽」「走れメロス」など日本文学史上に残る傑作を創出した文豪・太宰治を題材にした作品。スター作家としての階段を駆け上がる一方で、私生活では身重の正妻と2人の愛人との関係を並行して続け、自殺未遂を繰り返すという堕落した日々を送る太宰。やがて、裏切られながらも太宰の才能を信じる正妻の叱咤激励を受け、後に累計発行部数1200万部以上を売り上げる「人間失格」の執筆へと駆り立てられていく。


愛人・静子を演じた沢尻エリカ「人間失格 太宰治と3人の女たち」

愛人・静子を演じた沢尻エリカ
[拡大画像]

宮沢りえ沢尻エリカ二階堂ふみが体現した“3人の女”。宮沢が演じた正妻・美知子は、夫に対する様々な感情を飲み込み、押さえた表情の中に潜む繊細なまなざしが印象的だ。沢尻が扮したのは、太宰の心を強く動かした愛人・静子。写真からは可憐な美しさと天真爛漫な少女性がにじみ出している。盲目的に太宰との情事に耽り、最後の女となった富栄役の二階堂は、湿気のある吸引力ともいうべき魅力を兼ね備えている。


二階堂ふみは最後の女となった富栄役を体現「人間失格 太宰治と3人の女たち」

二階堂ふみは最後の女となった富栄役を体現
[拡大画像]

そして“3人の女”に寄り添う太宰の表情が、各々の関係性によって全く異なるのも注目すべきポイントだ。今回披露された写真同様、本編でも“3人の女”の感情が寄り集まり、太宰の全体像が露わになっていく。太宰に振り回されているように見えるようで、実は自分の意志で力強く生きている女性たちを、日本を代表する女優陣がどのように“魅せてくれる”のか期待が高まる。

人間失格 太宰治と3人の女たち」は、9月13日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報