小栗旬×蜷川実花「人間失格」予告編完成 主題歌はスカパラ「カナリヤ鳴く空」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月19日 > 小栗旬×蜷川実花「人間失格」予告編完成 主題歌はスカパラ「カナリヤ鳴く空」
メニュー

小栗旬×蜷川実花「人間失格」予告編完成 主題歌はスカパラ「カナリヤ鳴く空」

2019年6月19日 07:00

小栗旬が女たちを翻ろうする太宰治に「人間失格 太宰治と3人の女たち」

小栗旬が女たちを翻ろうする太宰治に
(C)2019 『人間失格』製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の小栗旬蜷川実花監督がタッグを組んだ映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の予告編が公開。あわせて、主題歌は蜷川監督の強い希望を受け、「東京スカパラダイスオーケストラ」が2001年にリリースした楽曲「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」に決定した。

斜陽」「走れメロス」など日本文学史上に残る傑作を創出した天才作家・太宰治を題材に、破天荒でスキャンダラスな生き様を描く。小栗が才気と色気にあふれる太宰を演じ、宮沢りえ沢尻エリカ二階堂ふみが太宰を取り巻く3人の女性を体現。さらに、成田凌千葉雄大瀬戸康史高良健吾藤原竜也という豪華俳優陣が共演した。

1948年に入水自殺を遂げた太宰の遺体が発見され、奇しくも誕生日でもあった6月19日は、「桜桃忌」と呼ばれ太宰を偲ぶ日として知られている。そんな桜桃忌に当たり、生誕110周年の始まりとなる記念すべき日に発表された予告編は、太宰がささやく「大丈夫。君は僕が好きだよ」という愛の言葉で幕を開ける。スター作家の階段を駆け上がる太宰を見守っていたのは3人の女。「お父さんは天才」と子どもに語りかける妻の美知子(宮沢)、「愛されない妻より、ずっと恋される愛人でいたい」と呟く作家志望の静子(沢尻)、「死にたいんです、一緒に」と刹那的な笑顔で迫る未亡人の富栄(二階堂)が次々と登場する。

映像には、不倫を続ける太宰に「たかが不倫小説じゃないですか!」と詰め寄る編集者・佐倉潤一(成田)、「地獄に堕ちて書いてるか?」と悪魔のように太宰を挑発する無頼派の作家・坂口安吾(藤原)の姿も。女たちと濃密な逢瀬を重ねるなかで、次第に狂気を加速させながらも「全部ぶっ壊して書く」という強い覚悟をにじませる太宰。やがて、「死ぬほどの恋。ヤバすぎる実話。」というテロップとともに、鮮烈な感情がほとばしらせながら「人間失格」の執筆へと駆り立てられていくさまが映し出されている。

人間失格 太宰治と3人の女たち」は、9月13日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報