「スター・ウォーズ」最新作、ついに邦題決定! 発表タイミングは“伝説が始まった日” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月24日 > 「スター・ウォーズ」最新作、ついに邦題決定! 発表タイミングは“伝説が始まった日”
メニュー

「スター・ウォーズ」最新作、ついに邦題決定! 発表タイミングは“伝説が始まった日”

2019年6月24日 00:00

邦題は「スター・ウォーズ スカイウォーカー の夜明け」「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」

邦題は「スター・ウォーズ スカイウォーカー
の夜明け」
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全世界待望のシリーズ最新作「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」の邦題が、「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」に決定した。歴代の作品を通じて、固有名詞がタイトルに組み込まれるのは、本作が史上初のこと。あわせて、タイトルロゴも発表された。

スター・ウォーズ フォースの覚醒」から始まった新たな3部作の最終章となるだけでなく、シリーズ第1作「スター・ウォーズ」から紡がれてきた全9作品の完結編となる本作。監督・脚本を務めるJ・J・エイブラムスは「これはひとつの映画でも、3本の映画でもなく、9本の映画の終わりです。40年間に渡って作られてきたストーリー、スカイウォーカー・サーガの終わりです」と語っている。


第1作「スター・ウォーズ」日本公開当時の様子「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」

第1作「スター・ウォーズ」日本公開当時の様子
[拡大画像]

4月に原題が発表されて以来、日本中のファンの間では「どのような邦題になるのか?」と大きな話題を呼んでいた。本日6月24日ほど、邦題の発表に相応しいタイミングはないだろう。さかのぼること41年前。1978年6月24日は、シリーズ第1作「スター・ウォーズ」が日本で初公開(先行上映)を迎えた歴史的な日――つまり“伝説が始まった日”なのだ。

スター・ウォーズ」は全米での公開(77)から約1年の時を経て、日本で公開されると、鑑賞を待ちわびていたファンが劇場にあふれかえった。革新的な映像、宇宙を舞台にした壮大な“家族の物語”が、瞬く間に日本中を熱狂の渦に巻き込んでみせたのだ。長年に渡って紡がれてきた同シリーズは、いかなるエンディングを迎えるのか。“スカイウォーカーの夜明け”が意味するものとは――今回の邦題決定は、日本中の期待がさらに高まる一報だろう。

「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」は、12月20日に全国公開。

(映画.com速報)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報