新「スター・ウォーズ」プロデューサー、ルーカスフィルム重役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月19日 > 新「スター・ウォーズ」プロデューサー、ルーカスフィルム重役に
メニュー

新「スター・ウォーズ」プロデューサー、ルーカスフィルム重役に

2019年6月19日 15:00

「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・ スカイウォーカー(原題)」「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」

「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・
スカイウォーカー(原題)」
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全世界待望のシリーズ最新作「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」のプロデューサーを務めたミッシェル・レジャンが、ルーカスフィルムに重役として迎えられたことが明らかになった。ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、レジャンをシニア・バイス・プレジデントに任命したと発表。レジャンは「スター・ウォーズ」の実写映画およびドラマの企画開発と製作を統括することになる。

J・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットでキャリアをスタートさせたレジャンは、「スーパー8」でアソシエイト・プロデューサー、「スタートレック イントゥ・ダークネス」と「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で共同プロデューサーを担当。「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」では、プロデューサーとしてケネディ、エイブラムスと肩を並べている。また、2015年からはルーカスフィルムの有識者チーム「ブレイントラスト」に参加している。

レジャンの雇用について、ケネディ社長は声明を発表。「『フォースの覚醒』と『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』を通じて過去7年にわたり一緒に仕事をする機会があり、ミッシェルが脚本家や監督と仕事をするさまを間近で見て来ました。こうした超大作にまつわる複雑な問題を処理するために用いる、彼女のクリエイティブなスキルと能力に、私はとてつもない感銘を受けています」。

ルーカスフィルムは、「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」以降の映画作品の企画開発と並行して、ディズニーの新ストリーミングサービス「Disney+(ディズニープラス)」向けに、「ザ・マンダロリアン(原題)」と「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のキャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)を主人公にした実写ドラマを準備中であることを明らかにしている。

(映画.com速報)
スター・トレック イントゥ・ダークネス[DVD] スター・トレック イントゥ・ダークネス[DVD] 最安価格: ¥936 J・J・エイブラムス監督によりリブートされた人気SFシリーズ「スター・トレック」(2009)の続編。
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報