「スター・ウォーズ・ランド」は飲食にも注力

2019年4月14日 05:30

パーク内のマーケットの雰囲気を出すため イスタンブールなどでリサーチを敢行
パーク内のマーケットの雰囲気を出すため イスタンブールなどでリサーチを敢行

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ・ランド」としてアメリカのディズニーパーク2カ所に建設中の「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」に関するイベントが4月13日(現地時間)、米シカゴのマコーミックプレイスで開催中の公式ファンイベント「スター・ウォーズ セレブレーション シカゴ2019」で行われた。

同アトラクションに関しては、アナハイムのディズニーランド・パーク内に建設中の施設が5月31日、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド内のディズニー・ハリウッド・スタジオに建設している施設が8月29日にオープンするということ以外、これまでに具体的な説明は一切なされていなかった。それだけに会場には約7000人のファンが駆けつけ、コカ・コーラとのタイアップのほか、飲食に注力することが明かされると大きな喝さいをおくっていた。

画像2

この日は、「アナと雪の女王」でオラフの声を務めた俳優ジョシュ・ギャッドが進行役として登壇。コカ・コーラとのタイアップが4年以上かけて成立したものであると発表したほか、同シリーズに登場してきたブルーのミルクが発売されることにも触れ、「ついに味が分かるんだね!」と興奮気味に語った。

また、ライトセーバーを自分用にカスタマイドすることができるワークショップが設けられることや、今回のアトラクションのためにジョン・ウィリアムズが新たに音楽を制作したことも発表。さらに、ゲストがファースト・オーダーとレジスタンスとの戦いに参加できるという「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」の制作スタッフが、「こんなに凝ったものはない」と豪語し期待を煽っていた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース