スティーブン・キング「呪われた町」を、「死霊館」ジェームズ・ワン&ゲイリー・ドーベルマンが映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月14日 > スティーブン・キング「呪われた町」を、「死霊館」ジェームズ・ワン&ゲイリー・ドーベルマンが映画化
メニュー

スティーブン・キング「呪われた町」を、「死霊館」ジェームズ・ワン&ゲイリー・ドーベルマンが映画化

2019年5月14日 19:30

ジェームズ・ワン監督「アナベル 死霊博物館」

ジェームズ・ワン監督
Photo by Frazer Harrison/Getty Images for AIF
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットホラー「死霊館」「アナベル」シリーズのクリエイターコンビ、ジェームズ・ワンゲイリー・ドーベルマンが、作家スティーブン・キングのバンパイア小説「呪われた町」を映画化することがわかった。

1975年に出版された「呪われた町」は、廃墟と化した洋館について執筆するため故郷の町に戻った作家が、洋館はヨーロッパから来た謎の男の手に渡ったことを知る。やがて周辺で次々と不可解な出来事が起こり、町の人々が吸血鬼に蝕まれていると気づいた作家は、洋館で謎の男と対決することになる、という物語。原作はこれまで劇場映画として製作されたことはないが、1979年にミニシリーズ「死霊伝説」、87年にその続編が製作され、2004年にもミニシリーズ「死霊伝説 セーラムズ・ロット」としてドラマ化された。

米ハリウッド・レポーターによれば、新作はキング原作の映画「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の脚本家でもあるドーベルマンが執筆し、製作総指揮を務める。ワン、ロイ・リー、マーク・ウルパーがプロデュース。監督はまだ明らかになっていない。

ワンとドーベルマンが製作した「死霊館」シリーズの最新作「ラ・ヨローナ 泣く女」(マイケル・チャベス監督)は先日、全米週末興行ランキングで初登場1位を記録した。日本では5月10日から公開。また、ドーベルマンが長編初メガホンをとった「アナベル」シリーズの最新作「アナベル 死霊博物館」は、6月28日から全米公開。

(映画.com速報)
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。[Blu-ray/ブルーレイ] IT/イット “それ”が見えたら、終わり。[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,387 スティーブン・キングの代表作の1つで、1990年にはテレビドラマ化された「IT」を、「MAMA」で注目を集めた新鋭アンディ・ムスキエティのメガホンにより映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報