米ディズニー、フォックス作品を精査 生き残る道は大人向けの作品!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月9日 > 米ディズニー、フォックス作品を精査 生き残る道は大人向けの作品!?
メニュー

米ディズニー、フォックス作品を精査 生き残る道は大人向けの作品!?

2019年5月9日 05:00

前日譚「ザ・グレート・ゲーム(原題)」は 予定通りに製作される見込み「オリエント急行殺人事件」

前日譚「ザ・グレート・ゲーム(原題)」は
予定通りに製作される見込み
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが、20世紀フォックスで準備中の映画作品を精査していると米ハリウッド・レポーターが報じている。

ディズニーは3月20日(現地時間)、713億ドルで21世紀フォックスの買収完了を発表。以降、映画部門を統括するウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長は、20世紀フォックスで準備中の作品を整理してきた。

すでに、トム・ハンクス主演の「ニュース・オブ・ザ・ワールド(原題)」をユニバーサル・ピクチャーズ、ベストセラー小説の映画化「On the Come Up(原題)」をパラマウント・ピクチャーズに売却。また、5月にクランクイン予定だったグラフィックノベルの映画化「マウス・ガード」も予算1億7000万ドルが高すぎるという理由で中止し、他スタジオに売却される見通しだ。

一方で、マシュー・ボーン監督の「キングスマン」の前日譚「ザ・グレート・ゲーム(原題)」や、低予算映画「Fear Street(原題)」、スピルバーグ監督の「ウエストサイド物語」、ライアン・レイノルズ主演「フリー・ガイ(原題)」、「オリエント急行殺人事件」の続編「ナイルに死す(原題)」などは、そのまま製作される見通し。4月18日に撮影を終えた「アバター2」をはじめとする「アバター」続編4作品も、問題はなさそうだ。

関係者によれば、ディズニーが整理を進めるのは単純に作品数が多すぎるからだという。フォックスには、ディズニーが苦手とするR-13指定やR指定の大人向けの作品を求めているといい、フォックスが準備を進めてきた「The Ballad of Richard Jewell(原題)」は、そのままゴーサインが出る模様。同作は1996年のアトランタ五輪で爆発物を発見した警備員の実話で、クリント・イーストウッド監督が準備を進めている。

(映画.com速報)
キングスマン[Blu-ray/ブルーレイ] キングスマン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,375 コリン・ファース主演、「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作によるスパイアクション。
オリエント急行殺人事件[Blu-ray/ブルーレイ] オリエント急行殺人事件[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報