ハリウッドスターの最新ギャラ事情 1位はライアン・レイノルズ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月8日 > ハリウッドスターの最新ギャラ事情 1位はライアン・レイノルズ
メニュー

ハリウッドスターの最新ギャラ事情 1位はライアン・レイノルズ

2019年5月8日 11:00

高額ギャラランキング1位に躍り出た ライアン・レイノルズ「シックス・アンダーグラウンド(原題)」

高額ギャラランキング1位に躍り出た
ライアン・レイノルズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッド映画に主演するスター俳優の最新ギャラ事情が、米バラエティによって明らかになった。

スターの知名度が映画のヒットを保証する時代ではないこともあり、ハリウッドのメジャースタジオが軒並み高額ギャラを出し渋るなか、Netflixの存在が目を引く。

マイケル・ベイ監督によるNetflixのアクション大作「Six Underground(原題)」で主演のライアン・レイノルズが受け取ったギャラは、2700万ドル(約30億円)。“ハリウッド最後のドル箱スター”と呼ばれるドウェイン・ジョンソンが、世界的メガヒットシリーズ最新作「ワイルド・スピード スーパーコンボ」で獲得した2000万ドル(約22.3億円)を大きく上回る破格のギャラで、圏外からいきなり首位に躍り出た。

一方で、看板シリーズの久々の続編で主演を務める「Bad Boys 4 Life(原題)」のウィル・スミスと「トップガン:マーベリック(原題)」のトム・クルーズは、全盛期であれば2000万ドル超えが確実だったが、時代の変化を象徴するかのように揃ってギャラダウンとなった。

ただし、Netflixの高額ギャラには裏がある。劇場公開やホームビデオ販売による収益が見込めないNetflix映画では、スタジオ映画では通例である「出演料+出来高払い」の契約モデルが成り立たない。つまり、破格に見えるレイノルズの2700万ドルというギャラだが、劇場公開作の累計興行収入次第では2位のジョンソンや3位のロバート・ダウニー・Jr.が最終的に受け取る額には及ばない可能性がある。

▼最近の映画スターの高額契約ランクは以下の通り。

ライアン・レイノルズ 2700万ドル(「Six Underground(原題)」)
ドウェイン・ジョンソン 2000万ドル(「ワイルド・スピード スーパーコンボ」)
ロバート・ダウニー・Jr. 2000万ドル(「The Voyage of Doctor Dolittle(原題)」)
ウィル・スミス 1700万ドル(「Bad Boys 4 Life(原題)」)
ジェイソン・ステイサム 1300万ドル(「ワイルド・スピード スーパーコンボ」)
トム・クルーズ 1200~1400万ドル(「トップガン:マーベリック(原題)」)
エミリー・ブラント 1200~1300万ドル(「クワイエット・プレイス2(仮題)」)
ブラッド・ピット 1000万ドル(「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」)
レオナルド・ディカプリオ 1000万ドル(「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」)
ガル・ギャドット 1000万ドル(「ワンダーウーマン1984(原題)」)
マーゴット・ロビー 900~1000万ドル(「Birds Of Prey(原題)」)
イドリス・エルバ 800万ドル(「ワイルド・スピード スーパーコンボ」)
ベン・アフレック 800万ドル(「トリプル・フロンティア」)
クリステン・スチュワート 700万ドル(「チャーリーズ・エンジェル(原題)」)
マーティン・ローレンス 600万ドル(「Bad Boys 4 Life(原題)」)
ホアキン・フェニックス 450万ドル(「ジョーカー(原題)」)
ジェシカ・チャステイン 250万ドル(「イット チャプター・ツー(原題)」)

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報