夏帆、遠方ロケに当初不安「3週間もいられるかな」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月9日 > 夏帆、遠方ロケに当初不安「3週間もいられるかな」
メニュー

夏帆、遠方ロケに当初不安「3週間もいられるかな」

2019年3月9日 14:45

舞台挨拶に立った夏帆ら「きばいやんせ!私」

舞台挨拶に立った夏帆ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の夏帆が3月9日、東京・有楽町スバル座で行われた主演作「きばいやんせ!私」の初日舞台挨拶に出席。ロケ地となった本土最南端の町、鹿児島県南大隅町について「空港から遠いし、コンビニもお店もなくて……。3週間もいられるのかなと思った」と当初の不安を告白。それでも、「自然の豊かさと土地の魅力を感じながら、シンプルに作品と向き合うことができた。大好きになりました」と笑顔を見せた。

不倫騒ぎで東京のレギュラー番組を降板させられた女子アナの貴子(夏帆)が、幼少期を過ごした本土最南端の町、鹿児島県南大隅町で、奇祭“御崎祭り”の存続に奮闘する町民たちの姿に感化され、仕事や人生に向き合う。全国31スクリーンで封切り。夏帆は「ご当地映画の枠に収まらない、貴子の成長物語。ご覧になった皆さんの背中を押せれば」とアピールした。


画像2

[拡大画像]

舞台挨拶には夏帆をはじめ、共演する太賀愛華みれ伊吹吾郎、主題歌を歌う花岡なつみ、「百円の恋」「嘘八百」に続いてタッグを組んだ武正晴監督、脚本家の足立紳が登壇した。

地元の青年・太郎を演じる太賀は、長さ5.5メートル、重さ10キロの鉾(ほこ)を持つシーンに挑み「雨の重みもあって、耐えかねる重さだった」と回想。それでも「しんどさも含めて、とても気合いが入った撮影でした。何より、地元の皆さんの支えが力強かった」と感謝を示した。

武監督も「協力してくださった町の皆さんが、俳優には出せない自然な表情を見せてくれた」と撮影に参加した町民に謝意。急勾配の坂道で、重さ100キロの神輿を担ぐシーンは「みんな、泣きながらの撮影で(笑)。ほぼドキュメンタリーだった」と振り返った。

(映画.com速報)
百円の恋[DVD] 百円の恋[DVD] 最安価格: ¥3,229 不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。
嘘八百[DVD] 嘘八百[DVD] 最安価格: ¥2,953 中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務め、「幻の利休の茶器」をめぐって繰り広げられる騙し合いを軽妙に描いたコメディドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報