夏帆×武正晴監督×脚本・足立紳「きばいやんせ!私」鹿児島でクランクイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月6日 > 夏帆×武正晴監督×脚本・足立紳「きばいやんせ!私」鹿児島でクランクイン
メニュー

夏帆×武正晴監督×脚本・足立紳「きばいやんせ!私」鹿児島でクランクイン

2018年3月6日 04:00

新キャストも発表!「きばいやんせ!私」

新キャストも発表!
(C)2018「きばいやんせ!私」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 夏帆が主演し、「百円の恋」「嘘八百」の武正晴監督と脚本・足立紳が新たにタッグを組んだ映画「きばいやんせ!私」が、このほど鹿児島のKKB鹿児島放送スタジオでクランクインを迎えた。あわせて夏帆と武監督のコメントと、岡山天音宇野祥平丸山智己鶴見辰吾が出演することが発表された。

“日本本土最南端”の町とされる鹿児島県・南大隅町を舞台に紡ぐヒューマンコメディ。東京で女子アナウンサーをしている貴子(夏帆)は、都会での競争や恋に疲れ自分を見失っていた。そんなある日、幼少期に住んでいた南大隅町や、約1300年の歴史を持つ「御崎祭り」の取材を命じられ、嫌々ながら現場入り。おざなりの取材を続けていたが、町を盛り上げようと必死に奮闘する幼なじみ・太郎(太賀)らの思いに触れ、次第に「この町の文化を伝えたい」と本気で考え始めていく。

アナウンサー役に初挑戦する夏帆は、役づくりのため発音などを特訓。実際のアナウンサーの指導を受けてベースを形成し、鹿児島での撮影に臨んだ。「足立紳さんの素晴らしい脚本のもと、とても魅力的なスタッフ、キャスト陣が集まりました」と充実の様子で、「誰よりも揺るぎなく、最前線を全力で駆けていく武監督(ついていくのに必死です)。素敵な映画になりそうな予感がひしひしとしています。南大隅という町の大らかさのなかで、土地の力を借りて、のびのびと演じてゆけたらと思っています」と明かしている。


画像2

[拡大画像]

さらに武監督は、雄大な自然を背景にしたロケを「桜島に迎えられながらのクランクインが嬉しい限りです」と語る。夏帆に対しては「もう何日も一緒に撮影しているかのような、夏帆さん演じる貴子が嬉しいのです」と信頼をのぞかせ、「南大隅という土地でのスタッフ、キャストとの共同作業は、夢のような日々となることだと確信しています。主人公・貴子同様、この映画がどのように変ぼうしていくかがとても楽しみです。精一杯奮闘します」と怪気炎を上げている。

きばいやんせ!私」は、ほか眼鏡太郎徳井優愛華みれ榎木孝明伊吹吾郎が共演。2019年新春に公開される。

(映画.com速報)
百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,670 負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi