夏帆、女子アナ役に挑戦!武正晴監督×足立紳脚本「きばいやんせ!私」に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月5日 > 夏帆、女子アナ役に挑戦!武正晴監督×足立紳脚本「きばいやんせ!私」に主演
メニュー

夏帆、女子アナ役に挑戦!武正晴監督×足立紳脚本「きばいやんせ!私」に主演

2018年2月5日 15:50

会見した夏帆、太賀ら「きばいやんせ!私」

会見した夏帆、太賀ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鹿児島県・南大隅町を舞台にした映画「きばいやんせ!私」の製作発表会見が2月5日、都内で行われ、主演の夏帆をはじめ共演の太賀愛華みれ榎木孝明、メガホンをとった武正晴監督、脚本の足立紳、プロデューサーの嶋田豪氏が出席した。

百円の恋」「嘘八百」の武監督&足立がタッグを組み、“日本本土最南端”の町を舞台に紡ぐヒューマンコメディ。東京で女子アナウンサーをしている貴子(夏帆)は、都会での競争や恋に疲れ自分を見失っていた。そんなある日、幼少期に住んでいた南大隅町や、約1300年の歴史を持つ「御崎祭り」の取材を命じられ、嫌々ながら現場入り。おざなりの取材を続けていたが、町を盛り上げようと必死に奮闘する幼なじみ・太郎(太賀)らの思いに触れ、次第に「この町の文化を伝えたい」と本気で考え始めていく。

女子アナ役に挑戦する夏帆は、「アナウンサーの方は、独特の雰囲気、佇まい、しゃべり方をお持ちです。そういうところを、きちんと表現できたら良いなと思います」と語り、「同年代の女子アナさんにお会いしてお話を聞いたり、しゃべりの練習をしています」と説明。一方の太賀は「(夏帆とは)同じ事務所で同世代でも、ガッツリ共演するのは初めて。普段の夏帆さんは知っていますが、役者として対峙することがすごく楽しみ」と期待に胸躍らせた。

撮影は3月3日~4月上旬に鹿児島県で行われる予定で、同県出身の愛華&榎木が現場を下支えする。ともに「鹿児島は初めて」という夏帆太賀は、撮影の合間にグルメを楽しみたいそうで、「食とお酒。飲みに行ける時間はあるのかな? 知らない土地に行くのはすごく楽しみ。しっかり堪能して帰ってきたいです」(夏帆)と目を輝かせていた。

また武監督は、「何年か前に足立さんのシナリオの授賞式がありまして、その時に『鹿児島で映画を撮らないか』とお声がけいただいた。感謝しています」と振り返り、「自分の父親が鹿児島出身で、縁を感じています。南大隅という土地と、足立さんが書いてくれたシナリオ、素晴らしいキャストが融合し、化学反応を起こしてくれると期待しています」と述べる。続けて「いつも言うことですが、『映画はシナリオとキャスティングで、8割の作業終わっている』。実力のある俳優さんと仕事することがいつも楽しみですし、このメンバーで手応えを感じています」と自信をにじませた。

さらに足立も、「監督とは度々コンビを組んでいますが、うちの母親も鹿児島出身です」と明かしキャスト陣を驚かせた。昨年に御崎祭りを見学し、シナリオを書き始めたそうだが「自由に書かせていただいて、お祭りをこれでもかというくらい、容赦なくボロカスに書きました(笑)」といい、「しかし、それにも快くOKを出してくれた。個人的には、大変面白い作品ができたと感じています」と、こちらも手応えのほどをうかがわせた。「きばいやんせ!私」は、2019年初春に公開予定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi