宇多田ヒカル「嫉妬されるべき人生」、玉森裕太主演作の主題歌に! 新予告も公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月26日 > 宇多田ヒカル「嫉妬されるべき人生」、玉森裕太主演作の主題歌に! 新予告も公開
メニュー

宇多田ヒカル「嫉妬されるべき人生」、玉森裕太主演作の主題歌に! 新予告も公開

2019年2月26日 07:00

玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太の 顔が重なるビジュアル「パラレルワールド・ラブストーリー」

玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太の
顔が重なるビジュアル
(C)2019「パラレルワールド・
ラブストーリー」製作委員会
(C)東野圭吾/講談社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の宇多田ヒカルが、玉森裕太(「Kis-My-Ft2」)の主演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の主題歌を担当していることがわかった。楽曲はアルバム「初恋」に収録された「嫉妬されるべき人生」に決定。同曲にのせた新予告編(https://youtu.be/aZtxBTA3bHM)もお披露目され、玉森扮する主人公・崇史が迷い込む2つの異なる世界の謎がちりばめられている。

吉岡里帆染谷将太が共演し、作家・東野圭吾氏の同名ベストセラー小説を映画化。研究者の崇史(玉森)は、親友の智彦(染谷)から恋人・麻由子(吉岡)を紹介される。しかし、麻由子は崇史がかつて思いを寄せていた女性だった。嫉妬にかられる崇史だったが、ある朝、目を覚ますと麻由子は自分の恋人になっており、智彦は姿を消していた。

アルバムのリリース時に「嫉妬されるべき人生」を聞いたという森義隆監督は、「宇多田さんの作り出すサウンドの切れ味や、得難く奥深い歌詞の世界観が、自分がラストシーンに込めた思いと驚くほどに共鳴し、鳥肌がたった」と明かし、「これだ!これしかない!」という熱い思いから、宇多田とのコラボレーションが実現。玉森は「エンドロールで宇多田さんの曲が流れた途端、来た!という感じでゾクゾクしました。もともと宇多田さんの曲の世界観や歌がすごく好きだったこともあって、今もよく聞いています」と思い入れの深さを語った。

主題歌がミステリアスに彩る予告編では、並行世界に翻ろうされ、苦悩する崇史を活写。さらに、「君にそんなことを言う権利はないよ」とあざ笑う智彦や、「おかしいよ、崇史」と心配そうな表情を浮かべる麻由子の姿もおさめられ、ダークな雰囲気が漂う。追いつめられた崇史の「こっちが現実だ……」という意味深な言葉が謎を呼ぶ、胸をざわつかせる映像が完成した。

パラレルワールド・ラブストーリー」は、5月31日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報