ラストアイドル、人気原作を実写化した「がっこうぐらし!」への重圧と達成感

2019年1月24日 15:00

「がっこうぐらし!」の撮影を振り返った
「がっこうぐらし!」の撮影を振り返った

[映画.com ニュース] 「まんがタイムきららフォワード」で連載中の海法紀光氏(ニトロプラス)と千葉サドル氏による人気漫画を実写化した映画「がっこうぐらし!」。秋元康氏のオーディション番組で誕生した「ラストアイドル」のメンバー4人が、映画初出演ながら初主演を務めた。番組内ではメンバーの入れ替えなどし烈なバトルを繰り広げてきた彼女たちが、本作で初めて知ったという演技の楽しさ、撮影の裏側を聞いた。

原作は、学校で共同生活を送る「学園生活部」の女子高生4人の日常と、“かれら”に支配された絶望的な世界での生き残りをかけたサバイバルホラーを混在させた内容が衝撃を与え、テレビアニメも人気を集めた。映画版では阿部菜々実(LaLuce)がシャベルを手に“かれら”に立ち向かうくるみ、長月翠(LaLuce/シュークリームロケッツ)がムードメーカーのゆき、間島和奏(Someday Somewhere)が学園生活部部長のりーさん、清原梨央(Someday Somewhere)がしっかり者のみーくんを演じ、「リアル鬼ごっこ」などで知られる柴田一成監督がメガホンをとった。

出演が決まったときの心境を振り返り、メンバーたちは「まさか私に決まるとは」「不安でした」と口をそろえ、当時の重圧を明かす。演技に対する苦手意識を持っていたという阿部は「映画に出られるなんて想像もしていなかったので、びっくりしました。最初はずっと不安でしたが、いろんな方に支えていただけて、最終的には演技って楽しいなと思えました」と笑顔を見せる。

原作を読んでいたという間島は「原作が好きだからこそ、私にできるかなという怖さが大きかったです。選ばれたからには精一杯演じないと失礼ですし、映画だからこそできる表現を模索したいと思っていました」。慣れない映画の現場ながらも、柴田監督の演出のもと、それぞれがフレッシュな演技を披露している。

試写会に参加したファンの反応も気になるようで、「私、エゴサーチをめちゃめちゃするんです」と打ち明けた清原は、「ファンの皆さんが知っている私は、よくしゃべる陽気なイメージだったと思うのですが、試写会の後はいろんな方から『かっこよかったよ』と言っていただけて、やっとそう言ってもらえたってうれしかったです」と喜びを噛みしめる。「私もエゴサします」と続いた阿部は、「原作ファンの方からも『よかった』と言っていただいて、安心しました」と安堵の表情を浮かべる。

普段は口数少ないという阿部が、活発なくるみを演じきったことにはメンバーたちも驚いたそうで、間島は「『菜々実ちゃんがしゃべった!』って衝撃がありました(笑)。撮影しているときは、ほかのみんなもどんどんキャラクターに入り込んで成長してく姿を、共演者だからこそ直で感じられて、演技ってこんなにすごいんだって感動しました」と実感を込める。長月も「撮影中はみんな普段から役に入りすぎて、ガニ股で歩いたり、腕を組んだり、目つきも変わったり。(間島)和奏ちゃんは、りーさんみたいにみんなのお世話してくれました」と役柄が普段の性格にも影響していたほどのめり込んで撮影していたことを明かす。

本作での経験を経て、演じる楽しさや「もっと勉強したい」という意欲も生まれたようだ。阿部は「私は今までずっと“アイドル”しか見てこなかったんです。でも、『がっこうぐらし!』を経験してから、ドラマや映画を見ているときは物語だけじゃなくて、女優さんの演技も見るようになりました」と変化を語る。

長月は「『がっこうぐらし!』のおかげで、自分の選択肢の幅が広がりました。ずっとアイドルになることしか興味がなかったのですが、今後はこんな役を演じてみたいとか考えるようにもなりました。最近は海外のドラマも見るようになって、日本よりオーバーリアクションなので、その演技を見て勉強しています」と充実した笑顔を見せる。

アイドルとしての表現力向上のため、以前から演技の勉強もしていたという間島は「そのときはまだお芝居したものが映画としてどう完成するのかわからなかったのですが、今回完成した『がっこうぐらし!』を見て、達成感がありました。撮影中はどういう映画に仕上がるのか想像できなかったのですが、怖さもあって感動もあってかっこよさもありました。また演技してみたいなと思えたし、もっともっと勉強をしてきたいです」。

間島から出た“達成感”という言葉にメンバー全員が頷いた後、もともと女優に憧れていたという清原は「アイドルは好きすぎて憧れで、自分がなろうとは思っていなかったんです。でも、番組をきっかけにアイドルになれる機会をいただきました。今はこうして映画にも出演することができて。アイドルだからこそできることを全部かなえてから、いつかは女優になりたいという夢もかなえたいです」と将来を見据え、新たに意欲をみなぎらせていた。

がっこうぐらし!」は、1月25日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
がっこうぐらし!
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
リアル鬼ごっこ 2015劇場版 プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ]

リアル鬼ごっこ 2015劇場版 プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥5,129

中高生を中心に人気を博し、映画やドラマなどでもヒットした山田悠介のベストセラー小説を、園子温監督が新たな切り口で再映画化。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ゾンビーバー
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • HUNT 餌 ハント・エサ
  • バッド・マイロ!
  • プライマル・レイジ
  • ビッグ・バグズ・パニック
  • マングラー
  • ジーパーズ・クリーパーズ
  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. リドリー・スコット最新作、マット・デイモン×アダム・ドライバー×ベン・アフレック共演「最後の決闘裁判」10月15日公開

    1

    リドリー・スコット最新作、マット・デイモン×アダム・ドライバー×ベン・アフレック共演「最後の決闘裁判」10月15日公開

    2021年8月3日 08:00
  2. 「おそ松さん」が「Snow Man」主演で実写映画化! 2022年春公開

    2

    「おそ松さん」が「Snow Man」主演で実写映画化! 2022年春公開

    2021年8月3日 14:00
  3. 北川景子を悩ませた“美しき銀幕女優役” 神々しさのお手本になったのは?

    3

    北川景子を悩ませた“美しき銀幕女優役” 神々しさのお手本になったのは?

    2021年8月3日 10:00
  4. 藤原竜也の新たなハマり役 脚本、テンポ、言葉数「自分の性分に合っている」

    4

    藤原竜也の新たなハマり役 脚本、テンポ、言葉数「自分の性分に合っている」

    2021年8月3日 08:00
  5. 【国内映画ランキング】「竜とそばかすの姫」V3! 2位の「クレヨンしんちゃん」最新作など新作5本ランクイン

    5

    【国内映画ランキング】「竜とそばかすの姫」V3! 2位の「クレヨンしんちゃん」最新作など新作5本ランクイン

    2021年8月3日 13:00

今週