実写「がっこうぐらし!」 主演した“ラストアイドル”の演技は「神がかっている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月17日 > 実写「がっこうぐらし!」 主演した“ラストアイドル”の演技は「神がかっている」
メニュー

実写「がっこうぐらし!」 主演した“ラストアイドル”の演技は「神がかっている」

2018年11月17日 12:00

10歳年下の少女たちの奮闘に、 おのののかも感涙寸前「がっこうぐらし!」

10歳年下の少女たちの奮闘に、
おのののかも感涙寸前
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 原作・海法紀光氏、作・千葉サドル氏による人気漫画を実写映画化する「がっこうぐらし!」の完成披露試写会が11月16日、東京・TOHOシネマズ錦糸町で行われ、メインキャストの阿部菜々実(LaLuce)、長月翠(LaLuce/シュークリームロケッツ)、間島和奏(Someday Somewhere)、清原梨央(Someday Somewhere)、おのののか、メガホンをとった柴田一成監督が舞台挨拶に出席した。

「学園生活部」を結成し学校で共同生活を送る女子高生4人の日常と、生き残りをかけたサバイバルホラーを混在させた内容が国内外で話題となり、累計発行部数250万部を突破した漫画が原作。女子高生役のメインキャストは、秋元康氏のオーディション番組で誕生した「ラストアイドルファミリー」から抜てきされており、恵飛須沢胡桃役の阿部は「メンバー4人は映画出演も、演技も初めて。不安もありましたが、作品を通して個人としてもグループとしても成長できました」と胸を張った。

撮影は約1カ月間の合宿形式で行われ、学園生活部の部長・若狭悠里に扮した間島は「監督! 正直、私たちの演技はどうでしたか?」と問いかける。これには柴田監督も「正直、大変でした」と白状しながらも、「撮影は物語の最初からほぼ順番に撮っています。(時間を追うごとに)みんなどんどん上達していって、最後は神がかっている。素晴らしいとしか言いようがない」と諸手を挙げて褒めちぎった。

さらに学園生活部顧問・佐倉慈を演じたおのは、間島の「私たち4人のなかで一番気が合って、仲良くなれたのは誰?」という質問を受け「すごい意地悪な質問!」と苦笑しきり。それでも「原作を読んだ時に、私が学園生活部のみんなのことを愛し、愛されないと、映画が成り立たないと思った。最初はすごい緊張しました」と振り返り、「でも、ずっと一緒にいるうちに、年も10歳くらい違うのにみんなは友だちみたいになってくれた。学園生活部のみんなが、大好きになりました」と充実の笑顔を見せる。最後には「私自身、お芝居もまだまだ。たくさんの方に支えられ、みんなと一緒にいて仲良くなった」と切り出し、「映画を見ていただくとわかるんですが、どんどんみんなと距離が縮まっていくんです。私にとって大切な作品になりました。……やばい、泣いちゃう!」と、涙をグッとこらえながら感謝していた。

またこの日は、主題歌を「ラストアイドル」2期生が担当することが発表。楽曲「愛しか武器がない」が生披露され、舞台挨拶を大いに盛り上げていた。「がっこうぐらし!」は、2019年1月から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報