数学で戦争を止めようとした男の物語 菅田将暉主演「アルキメデスの大戦」映像初披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月23日 > 数学で戦争を止めようとした男の物語 菅田将暉主演「アルキメデスの大戦」映像初披露
メニュー

数学で戦争を止めようとした男の物語 菅田将暉主演「アルキメデスの大戦」映像初披露

2019年1月23日 08:00

完全再現した戦艦・大和が初登場「アルキメデスの大戦」

完全再現した戦艦・大和が初登場
(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会
(C)三田紀房/講談社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 菅田将暉が主演し、三田紀房氏の人気漫画を実写映画化する「アルキメデスの大戦」の特報映像とティザービジュアルが初披露された。「戦争を止めようとした1人の天才数学者」「この夏、大和に挑んだ男の運命の戦いが、始まる」という重厚なナレーションとともに、菅田演じる主人公・櫂直が“時代”に挑む姿をとらえている。

「ドラゴン桜」などで知られる三田氏の原作を、「永遠の0」の山崎貴監督が映画化。菅田のほか舘ひろし浜辺美波柄本佑笑福亭鶴瓶小林克也小日向文世國村隼橋爪功田中泯ら豪華な面々が結集し、世界最大級の戦艦・大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描く。

1930年代、対米開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、戦艦・大和を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。その計画に反対する海軍少将・山本五十六(舘)は、帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と称される天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見。軍部の陰謀を暴こうと動き出す。

映像とビジュアルでは、山崎監督が徹底的なリサーチと、最新技術を駆使することで“完全再現”を目指した大和が初登場。その巨体が重々しく、迫力たっぷりに進む姿から、映画のスケール感が伝わってくる。さらに、櫂が数学を武器に大和建造の暗部に踏み込み、「やはりこの船をつくってはいけない」と訴える様子も。撮影は2018年7~9月中旬の猛暑のなか行われており、キャスト陣の汗と涙の結晶の一端が垣間見える。

アルキメデスの大戦」は、7月26日から公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報