CIAはクレジットカード使い放題!国際ジャーナリストが内情暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月18日 > CIAはクレジットカード使い放題!国際ジャーナリストが内情暴露
メニュー

CIAはクレジットカード使い放題!国際ジャーナリストが内情暴露

2019年1月18日 19:00

「マイル22」について語り合った「マイル22」

「マイル22」について語り合った
(C)MMXVIII STX Productions, LLC.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「トランスフォーマー」シリーズのマーク・ウォールバーグが主演する映画「マイル22」(公開中)のトークイベントが1月17日、都内で行われ、国際ジャーナリストの大野和基氏、映画監督の松江哲明氏、映画活動家・放送作家の松崎まこと氏が登壇した。

本作は、「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」「パトリオット・デイ」に続き、ウォールバーグとピーター・バーグ監督が4度目のタッグを組んだアクションサスペンス。危険物質が何者かに盗まれ、その行方を知るリー・ノア(イコ・ウワイス)が重要参考人として保護される。ノアが国外への脱出を条件に情報を提供することを約束したことから、ジェームズ・シルバ(ウォールバーグ)率いるCIAの機密特殊部隊は、アメリカ大使館から空港までの22マイル(35.4キロメートル)にわたり護衛するミッションに挑む。

CIAに精通する大野氏は、「しゃべられることはしゃべります。殺されるようなことはしゃべれないけれど(笑)」と前置きしてから話し、劇中に登場する国家に属さない特殊部隊は「実際に存在します」と断言。CIAは給料は低いが経費が使い放題、採用された時からクレジットカードは6枚ほど与えられ、無制限・無期限で使えることなどの知識を披露。さらに、特殊部隊に課せられるミッションには命の保証がないかわり、成功させるためにはいくら使っても良いなどのルールも明かして驚かせた。


画像2

[拡大画像]

松江氏は、メガホンをとったバーグ監督について「決定的な画面で監視カメラを入れてくる。今の映画って決定的瞬間で誰が撮ったかわからないような冷たい映像が多いと思う。監督がそこに懸けているのがすごい勇気だと思う」と分析し、「ピーター・バーグは意味のないつなぎがない! 編集が上手い!」と絶賛。松崎氏は「この映画はオチのための映画ではないんです。いろんな視点から見ると変わる映画なんですよね。全て計算されて描かれている」と魅力を語った。

(映画.com速報)
【おトク値!】ローン・サバイバー DVD[DVD] 【おトク値!】ローン・サバイバー DVD[DVD] 最安価格: ¥1,454 米海軍特殊部隊ネイビーシールズ創設以来最大の惨事と言われた「レッド・ウィング作戦」を、マーク・ウォールバーグ主演、ピーター・バーグ監督で映画化。
パトリオット・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] パトリオット・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,098 2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を、マーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督のタッグで映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報