ロザムンド・パイク「ナチス第三の男」で“ジョニデ以来”の斬新演出受ける!

2019年1月9日 13:30

ハイドリヒの妻を演じた
ハイドリヒの妻を演じた

[映画.com ニュース] 本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「HHhH プラハ、1942年」を映画化した「ナチス第三の男」に出演するロザムンド・パイクのインタビュー映像が公開された。

本作は、第2次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“第三の男”と称されたラインハルト・ハイドリヒを主人公に、彼がいかに恐ろしき人物へと変ぼうし、38歳の若さで暗殺されたのかを描く。「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のジェイソン・クラークがハイドリヒを演じ、「ゴーン・ガール」などで知られるパイクは、ハイドリヒの妻リナを演じている。

劇中ではハイドリヒを影で操る“恐妻”を演じているが、インタビュー映像では穏やかな笑顔を見せるパイク。うまく説明できず、自分の発言に笑い出す姿も収められている。

自身が演じたリナについて「彼女は実際に夫が何をしていたのか、ナチスの秘密が何だったのか知らなかった。ただ、堂々と構え、権力への貪欲さを持っていたの。彼女なしではハイドリヒはハイドリヒにはなれなかったと思う」と存在の大きさを語る。続けて、「おそらく自分自身が強くなりたいと思った人。でも、この時代の女性には、その選択肢にはならなかった。だから、彼女はハイドリヒを通して慎重に遂行するしかなかったし、彼女は彼の中に利用できる何かを見たのだと思う」と分析する。

画像2

ハイドリヒが自身の家を壊すシーンでは、リハーサルなしで臨んでいたことを明かし、「セドリック(・ヒメネス)監督は、本番の前に私をジェイソン(・クラーク)に会わせなかった。部屋をめちゃくちゃにするシーンを撮影して、まだかなり気が立っているモードが続いていたから、彼は部屋から出たくなったの。私がセットに着くなり、セドリックが『彼はまだ部屋の中にいる。君はドアをノックして中に入って。そして私たちも君と一緒に入って、すべてのカメラで何が起こるかを撮るから』と言ったわ」と振り返る。

「すごく面白いやり方だった。前に1回だけ、『リバティーン』という作品で、ジョニー・デップとこんな撮影をした。ある夜に監督が来て、『君が明日何をするのかジョニーには知らせたくない。彼には酔っ払ってもらって、そこに君が入ってきて君がしたいことをしてほしい』と言われた。予想できないし、恐ろしいのと同時に面白かった」と明かした。

ナチス第三の男」は1月25日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
ゴーン・ガール[Blu-ray/ブルーレイ]

ゴーン・ガール[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,045

デビッド・フィンチャー監督が、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。
猿の惑星:新世紀(ライジング)[Blu-ray/ブルーレイ]

猿の惑星:新世紀(ライジング)[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,045

往年の人気SFシリーズをリブートしたシリーズ第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編で、知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程を描いた。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像41
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ヘンリー
  • インサイダーズ/内部者たち
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 口
  • 静かなる瞳
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com