【国内映画ランキング】「シュガー・ラッシュ オンライン」絶好のスタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月26日 > 【国内映画ランキング】「シュガー・ラッシュ オンライン」絶好のスタート
メニュー

【国内映画ランキング】「シュガー・ラッシュ オンライン」絶好のスタート

2018年12月26日 14:00

「シュガー・ラッシュ オンライン」がV「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」

「シュガー・ラッシュ オンライン」がV
(C)2018 Disney. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]12月22日~23日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新作4本がランクインし、首位は「シュガー・ラッシュ オンライン」が初登場で獲得した。同作はゲームの裏側の世界を舞台に、広大なネット空間で繰り広げられる大冒険を描いたディズニー・アニメの最新作。21日より公開され、土日2日間で動員35万0373人、興収4億5363万5600円を稼ぎ出した。これは2013年3月に公開され、最終興収30億円を記録した前作「シュガー・ラッシュ」の興収比133.5%。さらに同じリッチ・ムーア監督が2016年に手がけた「ズートピア」(最終興収76.3億円)の興収比101%の成績。公開4日間では動員62万5698人、興収7億9613万5400円をあげている。ファミリーや10代、20代男女を中心に、シニア層まで幅広い世代を動員。興収50億円以上が期待できる好スタートを切った。

2位は「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」。週末2日間で動員32万1000人、興収4億2000万円をあげ、公開11日目となる24日までの累計動員は157万6183人、興収は20億3780万1100円を記録。シリーズ最速で興収20億円を突破した。客層は小学生低学年が最も多く、小中学生が半数以上、10代全体が6割以上を占めており、リピーターも続出してる。新年1月10日には全国5都市で“カカロット!べジータ!ブロリー!”限界突破応援上映が開催されることが決定した。

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」は3位に初登場。平成仮面ライダーが共闘する劇場版「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」の第3弾となる。22日より全国332スクリーンで公開され、土日2日間で動員31万3000人、興収3億8900万円をあげた。この成績は昨年12月に公開され、最終興収12.8億円を記録した「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」の興収比108.4%。興収15億円以上が見込める出足となった。

新作では他に「アリー スター誕生」が6位にランクイン。名作「スタア誕生(1937)」の3度目となるリメイク作品で、世界的歌姫レディー・ガガが映画初主演を果たし、ブラッドリー・クーパーが主演と監督を務めた。人気ラブコメ漫画を中島健人中条あやみの主演で実写映画化した「ニセコイ」は9位スタートとなっている。

なお、4位「ボヘミアン・ラプソディ」は24日時点で累計動員が467万人、興収が64億円を突破。国内の音楽・ミュージカル映画としては、「レ・ミゼラブル」(最終興収59億円)を抜き、歴代2位となっている。また、5位「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の累計動員は370万人、興収は52億円に到達した。

(映画.com速報)
シュガー・ラッシュ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] シュガー・ラッシュ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,420 ヒーローにあこがれる人気ゲームの悪役を主人公に描くディズニー・アニメーション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi