クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」、20世紀の楽曲として史上最多ストリーミング : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月18日 > クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」、20世紀の楽曲として史上最多ストリーミング
メニュー

クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」、20世紀の楽曲として史上最多ストリーミング

2018年12月18日 13:00

再生回数は16億回に「ボヘミアン・ラプソディ」

再生回数は16億回に
(C)2018 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的ロックバンド「クイーン」の代表曲のひとつである「ボヘミアン・ラプソディ」が、20世紀の楽曲として史上最多のストリーミング回数を達成したと、英ガーディアン紙が報じている。

同曲は、1975年に全英チャート1位を記録。91年にボーカルのフレディ・マーキュリーが死去した際にも再度1位になっており、YouTubeやSpotifyなどのストリーミングサービスでの再生回数は16億回に到達したという。急激に再生回数を増やしたのは、マーキュリーを描いた伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」の世界的ヒットによるものとみられる。同作は、既に世界累計興行収入が約722億円を突破している。

ちなみに20世紀の楽曲のストリーミング回数歴代2位は、ニルヴァーナの「Smells LIke Teen Spirit」(再生回数15億回)で、ガンズ・アンド・ローゼズの「Sweet Child O'Mine」「Novemver Rain」が3位と4位、そしてa-haの「Take on me」が5位となっている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報