走れ、守るために―― 佐藤健×アカデミー賞スタッフ「サムライマラソン」予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月14日 > 走れ、守るために―― 佐藤健×アカデミー賞スタッフ「サムライマラソン」予告完成
メニュー

走れ、守るために―― 佐藤健×アカデミー賞スタッフ「サムライマラソン」予告完成

2018年12月14日 17:00

行きはマラソン、帰りは戦「サムライマラソン」

行きはマラソン、帰りは戦
“SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners
GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 佐藤健が主演し、米アカデミー賞受賞経験のある製作陣が結集した映画「サムライマラソン」の本予告とポスタービジュアルが、このほど完成した。映像は「走れ! 勝つためではなく、大切なものを守るために――」という言葉が響き、豪華キャスト演じる江戸時代の登場人物たちが、“思い”を背負いながらマラソンに挑む様子を収めている。

“日本のマラソンの発祥”とされ、160年以上にわたり語り継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」が題材。時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58キロ)の山道を走る遠足を開催する。しかし、これが行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれた。ただひとり危機を知った忍び・唐沢甚内(佐藤)は、愛する者のため、仲間のため、計画を阻止するべく走りだす。

共演には小松菜奈森山未來染谷将太青木崇高長谷川博己豊川悦司竹中直人ら、製作陣には「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマス氏、「おくりびと」の中沢敏明氏らが名を連ねるビッグプロジェクト。ポスタービジュアルは佐藤らの表情を活写し、「行きはマラソン、帰りは戦」というコピーを配置している。

そして予告は、藩主・勝明(長谷川)が遠足開催を宣言する様子からスタートする。身分を隠し生きる忍び・唐沢、江戸に出たいじゃじゃ馬・雪姫(小松)ら思いを秘めながら参加する彼らだが、迫り来る幕府の刺客を食い止めるため一致団結。単なる遠足が藩存亡をめぐる戦へと変貌するなか、唐沢たちは“真の侍”へと成長していく。キャストの熱演だけでなく、「」で第58回アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミ氏が手がけた衣装など、クリエイティブ面でも目を引く映像となっている。

サムライマラソン」は、2019年2月22日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報