東京国際映画祭で話題沸騰!「21世紀の女の子」インターナショナル版、アンコール上映決定

2018年12月4日 07:00

12月13日に東京・テアトル新宿で一夜限定上映!
12月13日に東京・テアトル新宿で一夜限定上映!

[映画.com ニュース] 山戸結希監督が企画・プロデュースするオムニバス映画「21世紀の女の子」のインターナショナル版が、12月13日に東京・テアトル新宿で一夜限定上映されることが決定した。

本作には、1980年代後半~90年代に生まれた新鋭監督15人が集結。“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”を共通テーマとして、監督それぞれが8分以内の短編として表現している。各作品の主演女優には、橋本愛をはじめ、朝倉あき石橋静河伊藤沙莉唐田えりか北浦愛木下あかり倉島颯良黒川芽以瀧内公美日南響子堀春菜松井玲奈三浦透子、モトーラ世理奈、山田杏奈という、今後の映画界を背負っていく個性豊かな面々が名を連ねた。

画像2

インターナショナル版は、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門の特別上映作品(11月1日)として披露されたもの。上映チケットは争奪戦のすえ、発売開始後約1時間で完売。2019年2月8日から封切られる劇場公開版とは、各作品の並びが異なっているため、今回のアンコール上映はかなり貴重な機会となっている。

今回の上映は「“テアトル新宿”ד21世紀の女の子” インターナショナル版特別上映」と題し、テアトル新宿で上映中の「」「真っ赤な星」とコラボしたトークイベントを実施。山戸監督のほか、井樫彩監督(「真っ赤な星」「君のシーツ」監督)、加藤綾佳監督(「粘膜」監督)、日南響子(「」「粘膜」出演)、三浦透子(「君のスーツ」出演)が登壇する。

画像3

「“テアトル新宿”ד21世紀の女の子” インターナショナル版特別上映」は、12月13日に東京・テアトル新宿で開催(開場:18時、開映:18時15分、終演:20時45分予定)。チケットは、12月6日19時よりテアトル新宿の公式サイト(https://www.ttcg.jp/theatre_shinjuku/)でオンライン販売スタート。12月7日の同館営業開始時から劇場窓口でも購入可能。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース