真っ赤な星

劇場公開日

  • 予告編を見る
真っ赤な星

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

国内外で注目を集める新鋭・井樫彩監督が、孤独を抱える14歳の少女と27歳の女性の愛の日々をつづったラブストーリー。田舎町の病院に入院した14歳の陽は、優しく接してくれる看護師の弥生に特別な感情を抱くが、退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。1年後、陽は街中で偶然にも弥生と再会する。しかし彼女は現在、男たちに身体を売って生計を立てており、過去の優しい面影はすっかり消えていた。学校にも家にも居場所のない陽は、引き寄せられるように弥生に近づくが、弥生には誰にも言えない悲しい過去があった。孤独を抱える2人は、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を送りはじめるが……。陽役を「みつこと宇宙こぶ」の小松未来、弥生役を「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ」「娼年」の桜井ユキがそれぞれ演じた。

2018年製作/101分/PG12/日本
配給:「真っ赤な星」製作委員会

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)「真っ赤な星」製作委員会

映画レビュー

3.0桜井ユキの可愛さに誤魔化される。

2019年5月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bloodtrail

5.0良い。

2019年5月22日
iPhoneアプリから投稿

ほかのレビューは低評価が目立つが、日常や生活、気持ちによりそう映画のように思えました。登場人物をベストな距離で見ることができ、自らの思い出や経験をかき集めて丸めたような物語でした。光が絶妙に影を作って、暗闇がとても綺麗でした。それに、主人公の女の子の声と姿と服と。。。全て素敵で美しかったです。次回も監督の作品があれば是非見たいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なーーすび

4.0「真っ赤な星」とは何だったのでしょうか。

PAK UNTIKさん
2019年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

故郷がロケ地になっていると聞きましたので、それだけで見に行きました。救いのないような筋書きですが、小松未来さんがとにかく切なくて良かった。最初はゆっくりと進行する、ちょっと間延びした感がありますが、後半は目が離せなくなります。ラストは「え!」と言う感じで終わりましたが、監督はあれで終わらせたかったのでしょう。

つっこみどころ:弥生のアパートは鉄道の音が聞こえるので多分西武線沿線の設定でしょう。そこから○○天文台(名称を書くとネタバレになるので)まで簡単に歩いて行ける距離ではありません(もし歩けば数時間かかるはずです)。

もう一つつっこみどころ:天文台の望遠鏡のそばでタバコは吸うな、レンズや反射鏡にヤニが付いたらどうするのだ。

でも、小松未来さんが○○天文台の望遠鏡をのぞくシーンは(極めて個人的に)泣けてしまいました。今から45年ほど前、私もこの望遠鏡をのぞいたことがあります。

分からない点はひとつ「真っ赤な星」とは何だったのでしょうか。

いろいろ気になったところは書いてしましたが、もし、機会があればもう一度見たい映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
PAK UNTIK

4.0面白かった

2019年2月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

主演二人が終始触れ合っているのだが、その距離感の微妙な変化を、見ている自分も間近で感じられるような気分になれた。
見ていると自分は結局、劇中のクズ男達や陽の同級生のザ・童貞少年と同様に女性の事などなんにも分かっちゃいないのだろう、とも思わされる。
話がテキパキ進むのが好ましく、展開に多少の無理矢理さがあったとしても、逆に辻褄合わせの為だけの空疎なシーンが無いのが心地良い。。天文台のシーン、星空の映像が凄く良かった。唯一悔やまれるのが、主演二人の挙動に気を取られ過ぎたせいか、PANTAがどこに出ていたのか分からなかった。
監督はメチャ若いようだが、次回作も是非見てみたいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
どんぐり
すべての映画レビューを見る(全11件)