J・J・エイブラムス、超大型契約締結を画策中

2018年11月7日 11:00

J・J・エイブラムス
J・J・エイブラムス

[映画.com ニュース]ヒットメーカーのJ・J・エイブラムスがメジャースタジオとの超大型契約を模索していると、米バラエティが報じている。

エイブラムスは、自身の製作会社バッド・ロボットを通じて、映画はパラマウント・ピクチャーズ、テレビドラマはワーナー・ブラザース・テレビジョンとファーストルック契約を結んでいる。いずれの契約も2020年に満了を迎えることから、エイブラムスは映画、テレビ、デジタル、音楽、ゲーム、コンシューマープロダクト、テーマパークを含んだ超大型契約の締結を模索しているという。

現在は自身のエージェントであるクリエイティブ・アーティスツ・エージェンシーのリチャード・ラベット社長と、弁護士チームが交渉を行っており、5億ドル以上の大型契約になる見込みだ。現在、ウォルト・ディズニー社のロバート・アイガー会長兼最高経営責任者とディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長、ユニバーサルの映画部門のジェフ・シェル会長とユニバーサル・ピクチャーズのドナ・ラングレー会長、ワーナー・ブラザース・エンターテイメントのケビン・ツジハラ最高経営責任者らがラブコールを送っているという。さらにNetflixやAppleといったデジタル配信勢もエイブラムスの獲得に動いているようだが、デジタル配信勢にはエイブラムス監督が希望するテーマパークやコンシューマープロダクト部門が存在しないため、ディズニー対ユニバーサルの一騎打ちとみられている。

エイブラムス監督はディズニー傘下ルーカスフィルム製作の「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を手がけたのち、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の続編「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」に着手。ウォルト・ディズニー社ロバート・アイガー会長兼最高経営責任者との親交がある。その一方、ユニバーサルは恩師スピルバーグの拠点として知られ、コラボレーションには都合がいい。今後の動向に注目だ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース