J・J・エイブラムス、新作映画「Aporia」をプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月21日 > J・J・エイブラムス、新作映画「Aporia」をプロデュース
メニュー

J・J・エイブラムス、新作映画「Aporia」をプロデュース

2018年6月21日 19:30

J・J・エイブラムス「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」

J・J・エイブラムス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ヒットメーカーのJ・J・エイブラムス監督が新作SF映画「Aporia(原題)」をプロデュースすることになった。ハリウッド・レポーター紙が報じている。

同作は、ビル・プルマンピーター・フォンダ主演の西部劇「The Ballad of Lefty Brown(原題)」を手がけた新鋭ジャレッド・モシェ監督のオリジナル脚本の映画化で、モシェ監督が自らメガホンをとる予定。詳細は不明だが、タイムトラベルの要素を含むSFドラマだという。エイブラムス監督の制作会社バッドロボットが製作し、パラマウントが配給する予定だ。

スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」に着手しているエイブラムス監督だが、Netflixで世界配信された「クローバーフィールド・パラドックス」や、今秋全米公開予定の第二次世界大戦を舞台にしたゾンビ映画「オーバーロード(原題)」など勢力的にプロデュース活動を続けている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • クワイエット・プレイスの評論 クワイエット・プレイス うららかな静寂の世界、その日常を一瞬にして恐怖に変える理不尽な脅威
  • クレイジー・リッチ!の評論 クレイジー・リッチ! “クレイジー”だけどシリアスな、アイデンティティと国籍を巡る問いかけ
  • 教誨師の評論 教誨師 俳優たちの全身全霊をかけた言葉は反転して、俳優自身の肉声として立ち上がる
映画評論の一覧を見る
Jobnavi