めくるめくエロティシズムの陶酔… アラン・ロブ=グリエ特集予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月16日 > めくるめくエロティシズムの陶酔… アラン・ロブ=グリエ特集予告編
メニュー

めくるめくエロティシズムの陶酔… アラン・ロブ=グリエ特集予告編

2018年10月16日 17:00

未公開作を含む6本を上映「不滅の女」

未公開作を含む6本を上映
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「去年マリエンバートで」(アラン・レネ監督)の脚本でも知られる、“ヌーヴォー・ロマン”の旗手アラン・ロブ=グリエの映画監督作品6本を一挙公開する特集上映「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティヴ」の初日が11月23日に決定、このほど、各作品の見どころを切り取った予告編とポスタービジュアルが公開された。

63年に「不滅の女」で映画監督デビュー。倒錯的なエロティシズムを描き出す作品で高い評価を得、デビッド・リンチら後世のアバンギャルド作家に影響を与えた。

このほど上映されるのは、監督作9本のうち未公開作を含む6本。ルイ・デュリック賞を受賞したデビュー作「不滅の女」(63)、ジャン=ルイ・トランティニャン演じる麻薬の運び屋のドタバタ劇をメタフィクションとして描いた「ヨーロッパ横断特急」(66)、ボルヘスの短編を下敷きに、オーソン・ウェルズの「審判」をパロディにした「嘘をつく男」(67)、エロティックな幻想を色彩豊かな映像で表現したカラー作品「エデン、その後」(70)、ひとりの女性の受難劇をサディスティックに描き、その反倫理的な描写によってヨーロッパ各国で上映禁止となった「快楽の漸進的横滑り」(74)、ルネ・マグリットの同名の絵画をモチーフにした、クライムサスペンス「囚われの美女」(83)。「囚われの美女」以外の5作品は初の正式劇場公開となる。

また、ロブ=グリエの小説作品は、53年のデビュー作「消しゴム」(中条省平訳、光文社古典新訳文庫のほか)、「迷路の中で」(平岡篤頼訳、講談社文芸文庫)、「覗く人」(望月芳郎訳、講談社文芸文庫)の3冊が発売中。さらに、没後10年を記念し白水社より「反復」(平岡篤頼訳)の復刊が決定、11月に発売される。

アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティヴ」は11月23日から、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報