去年マリエンバートで

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
去年マリエンバートで
去年マリエンバートで
20%
44%
24%
5%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスの名匠アラン・レネが1961年に手がけ、同年の第22回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した一作。戦後世界文学にムーブメントを巻き起こした文学運動ヌーボーロマンの旗手アラン・ロブ=グリエが執筆した脚本で、ヌーベルバーグ左岸派の代表格とされるレネがメガホンをとるという奇跡的なコラボレーションが実現し、「映画史上最も難解な映画」とも称される一作だが、後の映画作家たちにも多大な影響を与えたとも言われている。時代も国籍も不明なバロック調の宮殿のようなホテルに宿泊し、社交に興じる客たち。その中に女Aと男X、男Mの3人がいた。MとAは夫婦だが、XはAに対し、1年前に会い、愛し合ったと語りかける。Aは否定するが、Xは1年後に駆け落ちする約束もしたという。Xの話は真実か、それとも……。ヒロインのデルフィーヌ・セイリグが劇中で着用しているドレス数点を、晩年のココ・シャネルが自らデザインした。2018年、シャネルのサポートによって完全修復が施され、同年のベネチア国際映画祭でプレミア上映。日本では19年10月「4K デジタル・リマスター版」としてリバイバル公開。

1961年製作/94分/G/フランス・イタリア合作
原題:L'annee derniere a Marienbad
配給:セテラ・インターナショナル
日本初公開:1964年5月

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)1960 STUDIOCANAL - Argos Films - Cineriz

映画レビュー

3.0同じ台詞、同じ回廊、無限ループする

kossyさん
2020年2月20日
Androidアプリから投稿

女が記憶喪失なのか、男が妄想ナンパをしているのか、その二択だと信じての鑑賞。

とにかく「去年約束しただろう?」の一点張りの男。来年の今月今夜この月で…だったかどうかわからないけど、飛ばさないし、自らテラスから落ちた男。

現代パートと過去パート共に場面は変化するし、衣装もコロコロ変化するのです。女の夫はギャンブルも強く、1,3,5,7のゲームも常に勝ってしまう。あ、これわかんない。1,1,2,2の形を残せば勝てるのに、そこまでの過程がわからない。

主役以外がストップモーションになったりする映像も面白いし、難解過ぎて悔しささえ共有できる楽しさ。敢えて言おう。正直言ってわかんない❗

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.0理解しようとは

chibirockさん
2019年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

思わず、ひたすらこの世界に浸ろうとがんばりました。
浸りきれなかったけど、なんか催眠にかかったような不思議な経験。
建物の中の過剰に華美な装飾と、何回やってもあの人が勝つあのゲームのこと以外あまり覚えていない…。
思いの外、もう一度観たいような気がしています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
chibirock

4.5世界一難解な映画(らしい)が世界一退屈な映画ではない

2019年12月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0時空が錯綜混在した迷宮世界

2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿

一回観ただけでは理解できない難解さだけど、なんか妙に惹かれる作品です。映画は呪詛のような男のモノローグで始まり、ホテルの廊下や庭園の映像が延々と続きますが、この映画の文法に慣れるにつれ、徐々に男女の関係が見えてきます。男は女に対して執着し、女は事実そのものを無かったことにしようとする、男女の想いのすれ違いは、ある意味普遍的です。この二人のやり取りを完璧な構図と複雑な編集により、過去、現在だけでなく空間すら変えて表現していく手法は実験的で、この作品を難解にしている側面もあります。でも、近いようで遠い男と女の関係は、迷宮を彷徨うようなものだとしたら、この手法は確信犯なのかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
シネマディクト
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る