去年マリエンバートで

ALLTIME BEST

劇場公開日:

去年マリエンバートで

解説

フランスの名匠アラン・レネが1961年に手がけ、同年の第22回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した一作。戦後世界文学にムーブメントを巻き起こした文学運動ヌーボーロマンの旗手アラン・ロブ=グリエが執筆した脚本で、ヌーベルバーグ左岸派の代表格とされるレネがメガホンをとるという奇跡的なコラボレーションが実現し、「映画史上最も難解な映画」とも称される一作だが、後の映画作家たちにも多大な影響を与えたとも言われている。時代も国籍も不明なバロック調の宮殿のようなホテルに宿泊し、社交に興じる客たち。その中に女Aと男X、男Mの3人がいた。MとAは夫婦だが、XはAに対し、1年前に会い、愛し合ったと語りかける。Aは否定するが、Xは1年後に駆け落ちする約束もしたという。Xの話は真実か、それとも……。ヒロインのデルフィーヌ・セイリグが劇中で着用しているドレス数点を、晩年のココ・シャネルが自らデザインした。2018年、シャネルのサポートによって完全修復が施され、同年のベネチア国際映画祭でプレミア上映。日本では19年10月「4K デジタル・リマスター版」としてリバイバル公開。

1961年製作/94分/G/フランス・イタリア合作
原題:L'annee derniere a Marienbad
配給:セテラ・インターナショナル
劇場公開日:2019年10月25日

その他の公開日:1964年5月(日本初公開)、1983年7月、2010年5月

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)1960 STUDIOCANAL - Argos Films - Cineriz

映画レビュー

4.0難解!男女の普遍性を時間の円環で描いた?

2023年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
parsifal3745

3.0禅問答

2023年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

昔からずっと見よう見ようと思ってて見れなかった作品。ついに見ましたが、やはりわけわかりません。芸術映画だということで分かろうとしない方がいいのかも。

主人公の二人がとても美男美女で、舞台となるホテルも豪華な調度品や装飾の数々で映像がきれい。見てる分には飽きませんでした。寝ませんでした。

物語は芸術映画だけにまるで絵画ようなホテルに閉じ込められた主人公たちが記憶を取り戻してそこから脱出しようというものなんでしょうか。
主役の二人と女性の夫らしき人物以外のホテルのお客は本当に生きてるのか、とりとめもない会話やギャンブルに興じるくらいで皆さん生きてる気配がありません。あの親が必ず勝つパズルゲームは何か物語と関係あるんですかね。

幻想的な世界でホテルに閉じ込められた閉塞感は十分伝わってきました。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
レント

2.0難解ということで安心しました

2023年10月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

寝られる

学生時代か就職後まもなく、新宿の東映ホール2で、ヌーベルバーグの一作という程度の予備知識で鑑賞。お城の内部や庭園を延々と映すだけの抽象表現にうんざり。セリフなんてあったっけ?白黒画面も詰まらなく理解不能。私だけがそう思っていたのかと思いきや「世界一難解な作品」という評価を今見て安心しました。😅

コメントする (0件)
共感した! 0件)
コーヒービート

4.5謎は謎のままという魅力、魔力

2023年6月2日
スマートフォンから投稿

怖い

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
らいかんす
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る