囚われの美女

劇場公開日

0%
56%
44%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスで第2次大戦後に巻き起こった文学界のムーブメント「ヌーヴォー・ロマン」の旗手といわれる作家アラン・ロブ=グリエが監督・脚本を手がけ、シュルレアリスム画家ルネ・マグリットの多数の絵画をモチーフに描いた不条理サスペンス。デューク・エリントンのジャズナンバーが流れる場末のナイトクラブ。なまめかしく踊るブロンド美女を、黒いスーツ姿の男が見つめている。その男バルテルは、地下組織で情報の運び屋をしている。バルテルが目を離した隙に、女は姿を消してしまい……。出演は「逃げ去る恋」のダニエル・メグイシュ、「婚約者の友人」のシリエル・クレール。日本では1989年6月に劇場公開。2018年、特集上映「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」(18年11月23日~、東京・シアター・イメージフォーラム)でも公開。

1983年製作/85分/フランス
原題:La belle captive
配給:ザジフィルムズ
日本初公開:1989年6月10日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)1983 ARGOS FILMS

映画レビュー

3.0事実は一つだが、真実は見た人の数だけある

2021年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ロブ=グリエって監督もしてたとは知らなんだ。

『去年、マリエンバートで』に続いて、彼に関連する作品を見たのは2本目。
「事実は一つ、しかし真実は見た人の数だけある」とでもいうべき方法論は別に面白くもおかしくもないのだが、『マリエンバート』はアラン・レネの美学でリリシズムと不気味さの混交した不可思議な映画になっていた。

ところが本作のように貧弱な映像で、あの方法論をマグリットの騙し絵的な絵画にはめ込んでやられては、さすがに「眠るな」という方が無理だろう。
知的好奇心の旺盛な方はご覧ください。小生はちょっと…w

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

3.0☆☆☆★★ 私は映画の中で使われるスクリーンプロセスの場面が好きだ...

2019年2月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

4.0とても良い映画

stoneageさん
2019年1月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

*『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』 1/6本目。

わけもわからずこの幻想的な映像の世界に黙って身を委ねるのが、この映画の楽しみ方なのかも知れません…間違いなく寝てしまいますけど…(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.0美的に過ぎる

ちゆうさん
2018年12月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

マリリン・モンロー風の女性が海岸で風に吹かれているとこは美的に過ぎて心地いい。それにしても難解な映画である。ベルイマンでもここまで難解ではないと思うが

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る