デビッド・フィンチャー監督「ワールド・ウォーZ」続編は2019年夏クランクイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月15日 > デビッド・フィンチャー監督「ワールド・ウォーZ」続編は2019年夏クランクイン
メニュー

デビッド・フィンチャー監督「ワールド・ウォーZ」続編は2019年夏クランクイン

2018年10月15日 15:00

19年夏にクランクイン!「ワールド・ウォー Z」

19年夏にクランクイン!
(C)2012 PARAMOUNT PICTURES.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピット製作・主演「ワールド・ウォー Z」の続編が、デビッド・フィンチャー監督のもと2019年6月にクランクイン予定であることがわかった。

米IndieWireによれば、「ワールド・ウォー Z」プロデューサーのデデ・ガードナージェレミー・クライナーが、新作「Beautiful Boy(原題)」(スティーブ・カレルティモシー・シャラメ主演)プレミアのレッドカーペットで明らかにしたという。

マックス・ブルックスのベストセラー小説を、マーク・フォースター監督が実写映画化した「ワールド・ウォーZ」は、世界興行収入5億4000万ドルを稼ぎ出す大ヒットを記録。謎の疫病が世界に急速にまん延するなか、その治療法を求める旅に出る元国連職員ジェリー(ピット)の活躍を描いたパニックアクションで、続編でもピットが再びジェリー役で主演する。

続編は、前作のフォースター監督にかわり、「インポッシブル」のJ・A・バヨナ監督に決定したものの、バヨナ監督が「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(18)を優先したたことで頓挫。その後、「セブン」「ファイト・クラブ」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」でピットとタッグを組んできたフィンチャー監督がメガホンをとることが決まったが、しばらく進捗がなかった。

フィンチャー監督は、Netflixのサスペンスドラマ「マインドハンター」シーズン2が、年内にクランクアップする。また、ピットも現在撮影中のクエンティン・タランティーノ監督「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)」以降、来年は俳優として新作の予定はないことから、2人とも「ワールド・ウォーZ」続編のスケジュール調整は万全と見られている。

(映画.com速報)
ワールド・ウォーZ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ワールド・ウォーZ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 ブラッド・ピット主演、マーク・フォースター監督のメガホンで、マックス・ブルックスのベストセラー小説を映画化したパニック大作。
ジュラシック・ワールド/炎の王国 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ジュラシック・ワールド/炎の王国 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,274 シリーズ14年ぶりの新作として2015年に公開され、記録的な大ヒットとなった「ジュラシック・ワールド」の続編。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi