トロント映画祭観客賞受賞のバディムービーが2019年3月日本上陸 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月19日 > トロント映画祭観客賞受賞のバディムービーが2019年3月日本上陸
メニュー

トロント映画祭観客賞受賞のバディムービーが2019年3月日本上陸

2018年9月19日 13:00

V・モーテンセン×M・アリ共演のロードムービー「グリーン・ブック」「グリーンブック」

V・モーテンセン×M・アリ共演のロードムービー「グリーン・ブック」
(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第43回トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞を受賞した「グリーン・ブック(原題)」が、2019年3月に全国公開されることが決定した。

イースタン・プロミス」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたビゴ・モーテンセンと、「ムーンライト」でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマハーシャラ・アリが共演した、実話がベースのバディムービー。「メリーに首ったけ」や「愛しのローズマリー」といったコメディ映画を生み出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー監督がメガホンをとった。

1962年、人種差別が残るアメリカ南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドン・シャーリーは、粗野で無教養なイタリア系のトニー・リップを用心棒兼運転手として雇う。正反対の2人だが、黒人用旅行ガイド“グリーンブック”を頼りに旅を始める。

北米最大規模の来場者数を誇る同映画祭は、毎年、最高賞にあたる観客賞を受賞した作品がアカデミー賞の有力候補となることから、高い関心が寄せられる。2017年の「スリー・ビルボード」、16年の「ラ・ラ・ランド」、15年の「ルーム」、14年の「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」など、過去の観客賞受賞作がアカデミー賞で主要部門を獲得しており、本作も19年2月24日に発表される第91回アカデミー賞にむけた賞レースの注目作へと躍り出た。

ファレリー監督は「出品されただけでも光栄だったのに、このような賞をいただけるなんて、どんな夢をも超えています」と、作品が観客に受け入れられ、受賞を果たした喜び、「トロント映画祭の観客が世界一だという理由がわかりました。キャスト、スタッフ、そして共同脚本家たちを代表して感謝します」と語っている。

グリーン・ブック(原題)」は、19年3月から東京TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(映画.com速報)
ムーンライト Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ムーンライト Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,807 マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描いたたヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報