【国内映画ランキング】「MEG ザ・モンスター」初登場1位を獲得、「累 かさね」は9位スタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月11日 > 【国内映画ランキング】「MEG ザ・モンスター」初登場1位を獲得、「累 かさね」は9位スタート
メニュー

【国内映画ランキング】「MEG ザ・モンスター」初登場1位を獲得、「累 かさね」は9位スタート

2018年9月11日 13:00

1位は「MEG ザ・モンスター」「MEG ザ・モンスター」

1位は「MEG ザ・モンスター」
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]9月8日~9日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。先週、近畿地方を直撃した台風21号に続き、北海道胆振東部地震といった自然災害が日本に大きな被害をもたらしているが、この週末興行では「MEG ザ・モンスター」が初登場1位を獲得した。

同作は、巨大ザメに襲われる人々のサバイバルを描いた海洋パニックアクション。7日から全国381スクリーンで公開され、土日2日間で動員18万3000人、興収2億8900万円を稼ぎ出した。これは今年5月18日に公開されたパニックアクション「ランペイジ 巨獣大乱闘」の興収比205%。公開3日間では動員23万8176人、興収3億7057万0700円を記録している。IMAX3Dと4DX版も上映され、土日2日間の4DX版の興収シェアが19.8%と高く、最終興収15億円超えが期待できる好スタートを切った。

2週連続首位だった「検察側の罪人」は2位で、週末2日間で動員15万3000人、興収2億0500万円をあげた。続いて「銀魂2 掟は破るためにこそある」が3位につけ、週末2日間で動員13万6000人、興収1億8500万円を記録。5位「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の累計興収は86億円を突破し、今年興収86.7億円を記録した「名探偵コナン ゼロの執行人」を抜くのが確実となった。

また、快進撃が続く「カメラを止めるな!」は6位をキープ。公開12週目に入った週末2日間で動員8万5000人、興収1億2600万円をあげ、累計興収は19億円に到達した。人気キャスト共演の青春音楽映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」も7位を維持している。

なお、土屋太鳳芳根京子がダブル主演した新作「累 かさね」は初登場9位。2人の少女の美醜をめぐる人間の業を描いた松浦だるまの同名コミックを実写映画化した愛と狂気のダークシンデレラストーリー。客層は10代、20代の女性が中心で、レディースデイの高稼働を見込む。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi