累 かさね

劇場公開日

累 かさね

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれた2人の少女を主人公に、美醜をめぐる人間の業を描いた松浦だるまの同名コミックを、土屋太鳳と芳根京子のダブル主演で実写映画化。伝説の女優を母に持つ淵累は、天才的な演技力を持ちながら、顔に大きな傷がある自身の容姿に強いコンプレックスを抱きながら生きてきた。一方、舞台女優の丹沢ニナは美貌に恵まれながらも花開かず、女優として大成することに異常な執念を募らせていた。累の手元には、その口紅を塗ってキスをすると顔が入れ替わるという、母が遺した1本の不思議な口紅があり、ある日、導かれるように出会った累とニナは、互いの足りない部分を埋めたいという目的のため、口紅の力を使って入れ替わることを決断する。ニナ役を土屋、累役を芳根がそれぞれ演じるほか、横山裕、檀れい、浅野忠信らが出演。監督は「キサラギ」「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

2018年製作/112分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社

映画レビュー

4.5この映画と地続きとなっている松浦だるまの漫画も是非!

2019年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

改変はみられるがこの方が映画としては良い
かさねの容姿についてとか
サロメのくだりはほぼ漫画と一緒
公開時はまだ連載していたのでラストが違うのは当たり前
エンディング曲がちょっと違うかなという感じはしたが歌単体は素敵
土屋太鳳 が大根役者で芳根京子が演技巧者という設定は素の実力によるものかと思いきや、
ニナとかさねを演じ分けられてこそなので土屋太鳳 スゲェってなった。
逆に芳根京子が頑張っても報われないか、と思ったがブラックな感情を放出する演技で魅せる
土屋太鳳か芳根京子か分からなくなる瞬間があったりしてハッとさせられる
演出力なのかもしれないが。
サロメの舞踊が一番凄かった
関ジャニを特別出演させてまでキャスティングする必要あった?
女性キャスト2人では偏りが出るから女性客の集客に一役買ってもらうためか

ウェスタ川越大ホール、交流広場
神谷書店
ロゼシアター
フィルムコミッション富士
御殿場フィルムコミッション
やまなしフィルムコミッション
千葉県フィルムコミッション
桜座
市原市
OCEAN GATE103
PEACE5
南房総ロケーションサービス
SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0  不思議な設定と、「ブラック・スワン」を想起させる物語に引き込まれた作品

NOBUさん
2019年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

 現代の邦画を代表する若手女優さん二人のW主演作という触れ込みに惹かれて映画館へ。

お二人の従来のイメージからかなりかけ離れた役柄のぶつかり合いが見応えがあり、二人の関係性が徐々に変化していく過程も面白かった。

<2018年9月8日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.0嫉妬ってこわ〜

revengerさん
2019年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作は最初の2巻まで読んでいる程度のほぼ未読者です。
感想
もうタイトルどうり終始怖いです。累が独占欲にまみれていく様が絶妙にリアルでもう釘付けでした。ニナも最初と最後が全くの別人で、この2人のヒロインの演技には圧倒されました。
少しだけ不満点をあげるなら原作が漫画ゆえのフィクション要素が没入感をイマイチにしてしまっていたことです。普段なら気にならないんですが役者の方々の演技が凄すぎて現実との境が自分の中で鑑賞中曖昧になってしまったことが原因です。
それ程までに上手いと感じました。
総評
素直に面白いと思いました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
revenger

3.0区別がつかんのだよ

2019年8月24日
PCから投稿

両方綺麗なんで、訳が分からなくなる。
とりあえず、二人とも名演技でした。
土屋太鳳は地じゃないだろうね。
もしかして。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ
すべての映画レビューを見る(全209件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る