「銀魂2」早くも動員200万人突破!小栗旬「また集まれるかも」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月8日 > 「銀魂2」早くも動員200万人突破!小栗旬「また集まれるかも」
メニュー

「銀魂2」早くも動員200万人突破!小栗旬「また集まれるかも」

2018年9月8日 13:00

さらなる続編製作に意欲!?「銀魂2 掟は破るためにこそある」

さらなる続編製作に意欲!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 空知英秋氏の人気漫画を実写映画化した「銀魂2 掟は破るためにこそある」(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が9月7日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主人公の坂田銀時を演じる小栗旬をはじめ、柳楽優弥(土方十四郎/トッシー役)、三浦春馬(伊東鴨太郎役)、吉沢亮(沖田総悟役)、戸塚純貴(山崎退役)、福田雄一郎監督が登壇した。

2017年夏に公開され、同年の実写邦画では第1位となる興行収入を叩き出した「銀魂」の続編。原作ファンの高い人気を誇る「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開し、銀時ら万事屋のバイト生活や、江戸中を巻き込む真選組の内紛が描かれる。

8月17日に全国470スクリーンで封切り。配給のワーナー・ブラザース映画によると、9月6日の時点で動員200万人、興収26億円を突破し、小栗は「皆さんの応援のおかげ。このメンバーでまた集まれるかも」とさらなる続編製作に意欲を見せた。

公式ツイッターに寄せられたファンからの質問に答える形で、小栗は「今回、一番“男”だったのは、やっぱり将軍。あの役を引き受けたのがすごいし、男としてすべてをさらけ出している。僕なら悩む」と徳川茂茂を演じた勝地涼の俳優魂を称賛。福田監督も「だって、あっちゃん(前田敦子)と結婚して、“初出し”があれだからね」とうなずいていた。

また、劇中でキャスト陣が披露する“変顔”に話題が及ぶと、小栗は「亮くん、すげえ顔していたよ。現場でもアゴの下がぷるぷる震えていた」と暴露。当の吉沢は「鏡の前で練習していましたから」とドヤ顔で胸を張り、小栗に対しては「こんなカッコ良すぎる男前が座長の現場にいられる俺、すごく幸せだなと思いました」と敬意を示した。

シリーズ初参戦の三浦は「皆さんのおかげで、僕も特別な夏になりました」と感無量の面持ち。「夏はまだ終わっていない!」(柳楽)、「これからも盛り上げていきたいので、応援よろしくお願いします」(戸塚)と“真選組”の面々も、映画のさらなる飛躍に期待を寄せた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi