小栗旬、「銀魂2」福田雄一監督の“涙”に動揺「マジで珍しい」「ボケじゃない」

2018年8月17日 19:00

福田監督の涙に動揺
福田監督の涙に動揺

[映画.com ニュース] 空知英秋氏の人気漫画を実写映画化した「銀魂2 掟は破るためにこそある」が8月17日、全国470スクリーンで公開初日を迎え、主演の小栗旬をはじめ共演の菅田将暉橋本環奈柳楽優弥三浦春馬吉沢亮勝地涼戸塚純貴佐藤二朗堤真一、監督・脚本を兼ねた福田雄一が東京・丸の内ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。

2017年夏に公開され、同年の実写邦画では第1位となる興行収入を叩き出した「銀魂」の続編。初日を迎え、小栗は「嬉しいです。やっと2を皆さんに見せられる日が来てよかった」と短く感慨を述べたが、福田監督は「この前、別の試写会でしゃべりすぎまして、小栗旬にしかられるというのがネットニュースになっちゃって。尋常じゃないくらい嫁に怒られた」と切り出した。

福田監督は「なおかつ昨日の夜、『たくさんお客さん入ってくれたらいいな』と話していたら、妻から『たくさんお客さんとかじゃねえだろ、おまえ! てめえみたいなクソ監督に、こんな素晴らしいキャストさんとスタッフさんが手伝ってくれて、やっと映画ができたんだろ。それに対する感謝だろ、馬鹿野郎』と言われた」とポツリ。続けて「若干、泣きました。ちょっと今も思い出して……」と目元を抑えると、小栗らは「おかしいな」「ボケじゃないじゃないですか」「マジで珍しい」と動揺を隠せない様子だった。

なおも福田監督は「今回(撮影から完成までが短期間だったため)無茶を言っちゃった。映画が出来上がって見てもらえると、昨日の夜、人知れず泣きました。コメディを作る人間は、顔で笑って、心で泣いてが鉄則。でも、初日を迎えられたことが嬉しすぎる」と感激の面持ちで、その涙に観客からは「おめでとう!」と拍手が送られた。しかし小栗は「すごくいい話だし、僕らも感動しなきゃいけないなと思うんですが。でも尺、使いすぎたな!」と長話に喝を入れ、一同は「また怒られた」と笑っていた。

また、菅田は「撮影中に、お亮(吉沢)に服を盗られました! 京都に入る前に買ったお気に入りのカーディガンを、『それ良いっすね』と。着て帰りやがった」と暴露。当の吉沢は「ちゃんと『ちょうだい』と言ったら、『いいよ』と言ったんだ、あの人は!」と反論し、演じた沖田総悟の決めゼリフを求められると、「良いメス豚がいるじゃねえか」と言い放った。場内のファンが熱狂的な声援をあげたものの、「決めゼリフが『死んじまいな』と『良いメス豚』って、改めてクズですね」と苦笑いを浮かべていた。

その後、柳楽がバンダナを巻いて“トッシー”に変身したほか、佐藤が「次回作があれば(橋本扮する)神楽役をやりたい。橋本環奈とは違った、色気がある神楽をね」と野望を語るなど、壇上はカオスに。タイトルにちなみ「最も掟破りだったキャストは?」と質問された福田監督は、「小栗くんじゃないかな。床屋の途中から、テンションがおかしなことになっている。急に中尾彬が入ったりするし、そうやってくれと、僕、一言も言ってないですから」と明かし、小栗は「今回は本当に、楽しかったですね」「皆さんがいろんなところで、『1よりも2が面白かったよ』なんつってくれると、3ができたりするかもしれない」と続編を期待していた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース