ドラマ「銀魂2」正式タイトル決定! “マダオ”役はアニメ版声優・立木文彦に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月9日 > ドラマ「銀魂2」正式タイトル決定! “マダオ”役はアニメ版声優・立木文彦に
メニュー

ドラマ「銀魂2」正式タイトル決定! “マダオ”役はアニメ版声優・立木文彦に

2018年7月9日 05:00

爆笑必至のエピソード3編をドラマ化!「銀魂2 掟は破るためにこそある」

爆笑必至のエピソード3編をドラマ化!
(C)空知英秋/集英社
(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
(C)2018 エイベックス通信放送
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小栗旬主演、福田雄一監督・脚本で空知英秋氏の人気漫画を実写映画化した「銀魂2 掟は破るためにこそある」のドラマ版のタイトルが、「銀魂2 世にも奇妙な銀魂ちゃん」に決定。あわせて、原作でも屈指の人気を誇る“マダオ”こと長谷川泰三を、アニメ版で同役に息吹を注いでいる声優・立木文彦が演じることがわかった。

小栗&菅田将暉橋本環奈らの共演で実写化し、宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む銀時(小栗)をはじめ新八(菅田)、神楽(橋本)らが騒動を繰り広げる様子をコミカルに描いた映画「銀魂」。続編「「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合し、万事屋のバイト生活や真選組の内紛を映し出す。

第1作公開時、原作ファンが「泣ける」と評価するエピソード「ミツバ篇」をdTVでドラマ化。今回は“ギャグ一辺倒”のエピソードを映像化することになった。“眠れないループ”に陥った神楽が、銀時らを巻き込んで眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、全面禁煙となった世界で、真選組の副長・土方十四郎(柳楽優弥)が喫煙場所を求めて宇宙を冒険する「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄のような体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の全3話で構成され、警察組織の頂点に君臨する松平片栗虎(堤真一)が全編にわたって重要なポジションで登場する。

立木が演じる長谷川の通称“マダオ”は、「まるでダメなおっさん」の頭字語。何をやっても上手くいかないものの、かつて幕府の要職を務めたことがある謎多き存在で、ファンの間では「マダオの回にハズレなし」と言われるほどの人気キャラクターだ。「もともと実写版『銀魂』の予告編のナレーションを去年やっていたので、今回のオファーを頂いた時に『あれ、もしかして…?(今年もナレーションかな?』と思いました。でも福田監督からお声があったということで、ビックリしました!」とまさかの出演依頼に驚きを隠せなかった立木。「今回、映像として、声だけじゃなく出演しましたが、自分なりの今やれることの精一杯のことは、かなりやったつもりではいますので、長谷川泰三(=マダオ)を、愛をもって見守っていてください!」とコメント寄せている。

dTVオリジナルドラマ「銀魂2 世にも奇妙な銀魂ちゃん」(全3話)は、8月18日からdTVで独占配信。映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、8月17日から全国公開。

(映画.com速報)
銀魂[DVD] 銀魂[DVD] 最安価格: ¥3,188 空知英秋原作による大ヒットコミックを、小栗旬主演で実写映画化。テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一がメガホンをとった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi