“フワモコ”プーさんがかわい過ぎる「プーと大人になった僕」キャラポスター初公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月14日 > “フワモコ”プーさんがかわい過ぎる「プーと大人になった僕」キャラポスター初公開
メニュー

“フワモコ”プーさんがかわい過ぎる「プーと大人になった僕」キャラポスター初公開

2018年8月14日 12:00

この“フワモコ”感がたまらない……「プーと大人になった僕」

この“フワモコ”感がたまらない……
(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化した「プーと大人になった僕」から、プーさんをはじめ、100エーカーの森に暮らす仲間たちのキャラクターポスターが初公開された。

キャラクターポスターは、のんびり屋のクマのプー、優しい性格の子ブタ・ピグレット、陽気でわんぱくなトラのティガー、おっとりなロバのイーヨー、親子のカンガ・ルーの5パターン。ロンドンのさまざまな名所や街並みを背景に、各キャラクターがつぶらな瞳で、見る者にほほ笑みかけるような、愛くるしいビジュアルが出そろった。

キャラクターたちをより間近で見ると、フワモコな毛並みや丸い瞳など “ぬいぐるみ”感があふれているが、プーさんをはじめ、劇中に登場するキャラクターたちは、実際にぬいぐるみが製作され、撮影でも使用されていた。

ぬいぐるみの製作においては、プーさんのお腹の抱き心地、ティガーの驚きや困惑といった豊かな表情、イーヨーの“ぐったり具合”など、細心の注意が払われており、キャラクターの個性を大切にする製作陣の強いこだわりを感じさせる。

世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を実写映画化。結婚し、多忙な日々をおくる大人になったクリストファー・ロビンが、少年時代に「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしたプーさんと再会し、新たな冒険に出かける。大人になったロビンを演じるのは、9月に本作を引っさげ初来日するユアン・マクレガー。「ネバーランド」のマーク・フォースターがメガホンをとった。

プーと大人になった僕」は、9月14日から全国公開。

(映画.com速報)
ネバーランド[Blu-ray/ブルーレイ] ネバーランド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,076 1903年のロンドンを舞台に、実在した作家ジェームズ・M・バリが名作「ピーター・パン」を書いた背景にあったエピソードを、マーク・フォースター監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報