監督としてのアンディ・サーキスに迫る 「ブレス しあわせの呼吸」特別映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月14日 > 監督としてのアンディ・サーキスに迫る 「ブレス しあわせの呼吸」特別映像公開
メニュー

監督としてのアンディ・サーキスに迫る 「ブレス しあわせの呼吸」特別映像公開

2018年8月14日 12:00

監督としてのアンディ・サーキスにフォーカス「ブレス しあわせの呼吸」

監督としてのアンディ・サーキスにフォーカス
(C)2017 Breathe Films Limited, British
Broadcasting Corporation and The British
Film Institute. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イギリスの名優アンディ・サーキスが長編初監督を務めた「ブレス しあわせの呼吸」の特別映像が公開された。本人やキャストのインタビューを交えながら、監督としてのサーキスにフォーカスした。

同作は、「ブリジット・ジョーンズの日記」などを手がけた映画プロデューサーのジョナサン・カベンデュッシュが、自身の両親の実話を自らの製作の下で映画化したヒューマンドラマ。全身マヒという重篤な状態で余命宣告を受けた主人公の男性ロビンが、一度は絶望のどん底に突き落とされるも、妻のダイアナら家族に支えながら、型破りな発想と持ち前のユーモアで人生を前向きに生きていく姿を描いた。

ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラムや「猿の惑星」シリーズのシーザーなど、VFXがふんだんに用いられた超大作でモーションキャプチャー俳優として活躍することの多いサーキスが、長編監督デビュー作に選んだのは、それらとは異なる題材の人間ドラマだった。サーキスは映像の中で、今作の脚本を読んで泣いたと告白し、「激しく心を揺さぶられたよ。“切り開く”ことの意義も描いていると思う。誰も実現させていないことに挑んだんだ。ロビンが自分で人生を選んでいく。“人生に飛び込んでいく”物語にね」と熱く語っている。

また、映像では監督として演出中のサーキスの姿もとらえられており、真剣な表情でモニターをのぞく姿や、大勢のエキストラに対して場の盛り上げ方を自ら披露してみせる様子など、貴重な場面が収められている。主人公ロビン役のアンドリュー・ガーフィールドは、サーキスの人物像を「アンディはエネルギッシュでとても陽気で常に人生を楽しもうとしている」、ロビンを支える妻ダイアナを演じたクレア・フォイは「エネルギッシュで最高の監督よ。“一息いれてくるよ”なんて一度もなかったわ」など、サーキスの監督としての魅力についてそれぞれ称賛の言葉を寄せている。

ブレス しあわせの呼吸」は9月7日から全国公開。

(映画.com速報)
ブリジット・ジョーンズの日記[Blu-ray/ブルーレイ] ブリジット・ジョーンズの日記[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,036 恋と仕事に奮闘する彼女の毎日を等身大に描く。レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファースが共演。
ロード・オブ・ザ・リング[Blu-ray/ブルーレイ] ロード・オブ・ザ・リング[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 世界的ベストセラーであるJ・R・R・トールキンの「指輪物語」を映画化した傑作ファンタジー3部作の第1部。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi