中井貴一、三谷幸喜新作で総理大臣に!ディーン・フジオカ×石田ゆり子×草刈正雄×佐藤浩市も参戦

2018年8月6日 05:00

演技派がずらり結集!
演技派がずらり結集!

[映画.com ニュース] 三谷幸喜の映画監督8作目となる「記憶にございません!」が、7月10日からクランクインしていることが明らかになった。政界コメディとして製作される今作で、座長の総理大臣役を演じるのは名優・中井貴一。さらにディーン・フジオカ石田ゆり子草刈正雄佐藤浩市という個性豊かな俳優陣が出演していることも発表された。

三谷監督にとっては、40年越しともいえる待望の企画。主人公となる総理大臣・黒田啓介は、史上最低の支持率をたたき出す嫌われ者で、ある日、市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして純朴な普通の「おじさん」へと変貌。国政の混乱を避けるため、国民はもちろん大臣、家族にさえ事実を隠し、直近の秘書官たちに助けられながら日々の公務をこなしていく。やがて、あらゆるしがらみから開放され、真摯に政治と向き合うようになった啓介は、次第に本気でこの国を変えたいと思い始める。

記憶喪失の総理大臣に扮する中井は、三谷作品の常連で、映画では「みんなのいえ」「竜馬の妻とその夫と愛人」「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」に続き5作目の出演となる。今作では記憶にない件でタブロイド紙のフリーライター(佐藤)にゆすられ、記憶にない愛人にホテルで迫られるなど、見せ場がたっぷり。それだけに、「久しぶりに三谷さんとタッグを組ませていただきます。日本のエンタテインメントコメディの傑作を目指し、毎日酷暑のなか撮影に取り組んでおります。大人が楽しめるジャパニーズコメディ、ぜひお楽しみに!!」と意欲をみなぎらさえている。

セットで意気込みを語った三谷幸喜監督
セットで意気込みを語った三谷幸喜監督

三谷組に初参加となるディーンは、自らの役どころを「中井貴一さん演じる総理大臣を陰で支える首相秘書官、井坂役を演じさせて頂いていますが、日本を代表するキャストの方々、製作スタッフの方々との撮影は、とても貴重な経験となっています」と説明。訳ありの総理夫人役の石田は、映画では三谷作品に初出演となるが「『記憶喪失の総理』の妻……その役どころを聞いただけで、なんだかすでに、心楽しいのは何故なのでしょう。中井貴一さんはじめとする素晴らしいキャストの皆さんとともに、三谷さんの世界を生きたいと思います。スピード感のある現場なので、日々集中、気合です」と意気込みを明かした。

また、草刈は三谷映画には初出演。邪悪な官房長官に息吹を注ぐことになるが、「久々の三谷ワールド、思いっきり楽しみたいと思います」とコメントを発表。主演・中井の盟友ともいえる佐藤は、「三谷監督ならではの長回しがあり、いい意味での緊張感のなか、中井貴一さんとの互いの信頼感から生まれる心地よい間合いの芝居を楽しんでいます」と撮影が充実していることをうかがわせている。

記憶にございません!」は、2019年に全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース