「焼肉ドラゴン」鄭義信監督、こだわりの再撮影!真木よう子ら女優陣も賛同 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月13日 > 「焼肉ドラゴン」鄭義信監督、こだわりの再撮影!真木よう子ら女優陣も賛同
メニュー

「焼肉ドラゴン」鄭義信監督、こだわりの再撮影!真木よう子ら女優陣も賛同

2018年4月13日 20:00

(左から)鄭義信監督、中村ゆり「焼肉ドラゴン」

(左から)鄭義信監督、中村ゆり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」の試写会が4月12日、都内で開催。鄭監督と2016年上演の舞台版に出演した女優の中村ゆりが出席した。

高度経済成長にわく1970年代、関西の地方都市を舞台に、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む家族の絆を描く。映画では店主夫婦を「隻眼の虎」のキム・サンホと「母なる証明」のイ・ジョンウン、静花、梨花、美花の3姉妹を真木よう子井上真央桜庭ななみ、静花の幼なじみで常連客の哲男を大泉洋が演じている。

鄭監督は「新人監督にとってはタイトで厳しいスケジュールだったが、たくさんの人に支えられた幸福な作品になった」と回想。キム演じる父親と市役所職員がもめるシーンについて、「最初は男たちがもめる様子を、3姉妹が見守っていたが、どうしてもしっくりいかず、翌日に再撮影のお願いをした」と明かし、「真木さんたち女優陣もそう思っていたらしく、真木さんは『私も賛成です』とすぐに握手してくれた。まさに家族が一丸になれました」と感謝を示した。

舞台版で次女の梨花を演じた中村は「カーテンコールのたびに、こちらが涙してしまうほど、お客様の反応が感動的だった」と振り返り、「おこがましいですが、初監督とは思えないクオリティ。映画を拝見し、すばらしい作品に参加させてもらえたのだと改めて実感した」としみじみ。「鄭さんの作品はどれも、時代に翻ろうされた人たちの気持ちを代弁している。つらい境遇でも、笑ってたくましく生きるパワーが感じるし、笑いこそが切ない。そういう二面性も魅力」と語っていた。

焼肉ドラゴン」は、6月22日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi