井上真央VS大泉洋!「焼肉ドラゴン」共演シーンについて互いを“口撃” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月9日 > 井上真央VS大泉洋!「焼肉ドラゴン」共演シーンについて互いを“口撃”
メニュー

井上真央VS大泉洋!「焼肉ドラゴン」共演シーンについて互いを“口撃”

2018年4月9日 22:20

舞台挨拶も大盛り上がり「焼肉ドラゴン」

舞台挨拶も大盛り上がり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本の演劇賞を総なめにした伝説の舞台を映画化する「焼肉ドラゴン」の完成披露試写会が4月9日、東京・ニッショーホールで行われ、真木よう子井上真央大泉洋桜庭ななみ、メガホンをとった鄭義信監督が、上映前の舞台挨拶に登壇した。

第43回紀伊國屋演劇賞で個人賞、第16回読売演劇大賞で大賞・最優秀作品賞を含む4冠に輝いた同名舞台が原作。物語の舞台は、高度経済成長期の真っただ中の日本。関西の地方都市の一角にある小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」で、故郷を奪われた家族6人が時代の波に翻ろうされながらも泣いて笑って、力強く生きる姿をユーモアに満ちた描写、印象的なセリフとともに紡いでいく。

劇中では「焼肉ドラゴン」の三姉妹を演じている真木、井上、桜庭。次女・梨花を演じた井上は、クランクイン当日に臨んだ大泉との芝居を振り返った。口論ばかりの婚約者・哲男(大泉)が漕ぐ自転車の荷台に座し、彼に罵声を浴びせながら坂を降りるというシーンだったようで「罵倒は当初台本になかったセリフでしたし、関西弁でもいっぱいいっぱいなのに、大泉さんの自転車の運転が下手くそだったんですよ。お尻をガンガン打つし、本当に下手! 自然と怒りがわいてきたんです。感謝してます」と“口撃”を仕掛けた。

すると「先日、娘に自転車の乗り方を教えたばかりなんですよ? 女優だからなんなのか知らないけど、(荷台への)乗り方がおかしい!」と反論した大泉。声高々に「セットだから道が狭いし、真央ちゃんの足に当たっちゃいけないと思うし、難しいんですよ! 僕、本当は自転車上手ですよ? 下手くそだと言われたくないわ~。誰でもああなりますよ」と切り返していた。

井上と大泉の“舌戦”は、MCによる質問コーナーでも繰り広げられた。父・龍吉(キム・サンホ)の口癖「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる」にちなみ、明日を前向きに生きる秘訣を発表することになると、長女・静花役の真木は「笑う事」、三女・美花役の桜庭は「自分を信じる!」、鄭監督は「とりあえずビールを飲んで寝る」と回答し、井上は「今日の自分に負けない事」と答えた。そして「どういうこと? わかるようでわかりませんけど」と大泉に茶々を入れられると、すかさず「面白いことは、大泉さんが言ってくださると言われたんで(笑)」とプレッシャーをかけていた。

トリを任された大泉のアンサーは、「今日一日をボヤいて寝る」。フリップを掲げると、真木らの方を向いて「あのね、君たちのような綺麗ごとで大人は元気出ませんよ。結局はボヤいた方がいい。ボヤいて、ボヤいて、すっきりして寝るんですよ」と理由を明かすと、井上は「(現場でも)常にボヤいていましたよ。納得です。ボヤきが活力だったんだって」と暴露して、場内の笑いを誘っていた。

焼肉ドラゴン」は、6月22日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi